ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野球用語で「perfect game」「complete game」「shutout」、違いは分かる?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
野球用語で「perfect game」「complete game」「shutout」、違いは分かる?

4年に一度の野球の世界大会「World Baseball Classic」(WBC)。

イスラエルを8-3で破り、2次ラウンドを1位通過で決勝トーナメント進出を果たした侍ジャパンは、決勝トーナメントでアメリカ・プエルトリコ・ドミニカ・ベネズエラといった強豪国が集うプールFを勝ち抜いた猛者たちを相手に戦うことになる。

WBCには米国メジャーリーグの一線級の選手たちが登場し、国の威信をかけて戦う。テレビ中継を見て彼らのパワー、スピード、フィールディングに魅入ってしまったらぜひ、メジャーリーグの生放送を見てほしい。スリリングな試合が楽しめるだろう。

特におすすめはメジャーリーグの試合中継を現地音声で観ることだ。NHK BS1では第二音声で英語での実況を聞くことができ、「野球」とは違った「ベースボール」の趣を感じることができる。

■間違えやすい野球英語をチェック!

以前、元ヤクルトスワローズのボブ・ホーナーが「地球の裏にはもう一つのベースボールがあった」と言った。この言葉の真意はさておき、「野球用語」においても「野球」と「ベースボール」はやはり違う。

野球用語を英語で学ぶ英会話本『かっ飛ばせ!ひとこと英会話』(リサ・ヴォート著、Jリサーチ刊)から紹介しよう。

(1)「タイムリー」は日本の言葉

打点が入るヒットを日本では「タイムリーヒット」「タイムリー二塁打」と、「タイムリー」という言葉を使うが、英語では使わない。「RBI hit」「RBI double」と、「RBI」が使われる。「RBI」は「runs batted in」の略称で、「ヒットによって入った得点」という意味だ。

ちなみに、「ノーヒットノーラン」の「ラン」は「runner」(走者)ではなく、「run」(得点)の意味である。なので、四球やエラーによる走者が出ても「ノーヒットノーラン」は達成できる。

(2)「perfect game」「complete game」「shutout」、違いは分かる?

「perfect game」「complete game」「shutout」という3つの言葉、いずれも投手が最後まで投げ切った試合を指すのだが、それぞれ意味は違う。その違いは分かるだろうか? 

では、答えだ。

「perfect game」…完全試合

「complete game」…完投

「shutout」…完封

意外なのが「complete game」である。「完全な」という意味から「ノーヒットノーラン」や「完封」を示す英語と勘違いしてしまうかもしれないが、日本語訳すると「完投」。一人の投手が最後まで投げ切る試合を意味するのだ。

■興奮する実況のシャウトにはこんな意味が

もう一つメジャーリーグを英語音声で見たい時に覚えておきたいのが、実況中継での「シャウト」である。

“Absolutely incredible!”

これは「なんてすごいプレーなんだ!」という気持ちを表した絶叫で、直訳すると「まったく信じられないよ!」になる。 Unbelievable.(信じられない)もよく使われる表現だ。

“Pandemonium here at this stadium!”

Pandemoniumは「大混乱」「地獄」という意味で、「スタジアムは大混乱だ!」という表現となる。普段聞き慣れない単語なので、覚えておきたい。

『かっ飛ばせ!ひとこと英会話』は日本プロ野球のセ・リーグ6球団のマスコットが勢ぞろいし、野球をネタにした英会話を学ぶことができる一冊だ。今年のプロ野球もまもなく開幕。英会話を学びながら観戦してみるのも、楽しい試みになるかもしれない。

また、メジャーリーグでは今季もイチロー選手をはじめ、ダルビッシュ有選手、岩隈久志選手、田中将大選手ら日本人選手がフィールドに立ち、活躍してくれるはず。

彼らへの声援を英語で送ってみるのもいいかもしれない。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

早稲田の名門文芸サークル「ワセミス」を半年でフェードアウトした直木賞作家

「脳に血が行かない」は間違い!ランチ後の強烈な眠気の真因と対策

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。