体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VRは当たり前 ガンダム化する車たち 『ジュネーブモーターショー2017』取材まとめ

gm537

ジュネーブに行って『第87回ジュネーブモーターショー』取材を敢行。これまでトピック別に紹介してきましたが今回はショー全体を振り返り、関連記事を交えつつ現場の空気をお伝えします。

世界のスーパーカーに酔いしれる祭典

gm51

ジュネーブモーターショーのプレスデーが開催された3月8日朝、筆者はジュネーブ入りした。まだまだ冷たい風が吹く中、レマン湖からスイスの峰々を望む見事なまでの雄大な自然に感動。初っ端からジュネーブのポジティブイメージは最高レベルに達する

世界5大モーターショーに数えられるジュネーブモーターショー、またの名をサロン・アンテルナショナル・ド・ロト。毎年開催されるこのモーターショーの特徴は何と言っても各国の“スーパーカー”が大挙して押し寄せることだろう。いや、もはや“スーパーカー”では済まされないのかも知れない。フェラーリやランボルギーニといった老舗スーパーカー屋を始め、ケーニグセグといった若いメーカーが“億”越えは当たり前な超々高価格帯のマシンを展示し、その圧倒的性を競い合うのである。

gimssc4-1024x683

関連記事:
【動画】もはや神々の集い…… 超高性能マシンが一挙公開【ジュネーブモーターショー2017】
http://getnews.jp/archives/1659170[リンク]

加速するクルマのガンダム化

gimssc50

近年、対人安全性など観点からクルマがどんどん丸くなっているのはご存知の通りだが、一方どんどん角ばる、いわば“ガンダム化”するクルマ達も多数存在する。勿論、このモーターショーでもそんな攻めの姿勢を見せるマシンが多数存在した。

シンガポールを拠点とするヴァンダ・エレクトロニクス社のEVカー、その名も『デンドロビウム』。某星屑ガンダムからインスパイアされたのかは不明だが、トップスピード320km/hという性能とこの外観からしても十分に「ガンダム」と言うことができる。ツヤツヤした外観も未来的でオシャレ。

gimsjp14

本場日本だって黙ってはいられない。ホンダの目玉シビック・タイプRのリアはまさにガンダムそのもの。タイプRは白! なイメージがあったが、個人的にはこの“赤い彗星”の如き色も好み。

参考記事:
【ジュネーブモーターショー2017】現地レポート 日本勢の目玉はズバリ『シビック・タイプ R』
http://getnews.jp/archives/1656706[リンク]

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。