体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「彼女の話なんかしなきゃよかった…」謹慎生活についにピリオド!別れの悲しみと源氏ロスに見舞われる明石の浦~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

謹慎生活にピリオド!OKが出ても源氏がグズつく理由

源氏と明石の君が結ばれた秋から約半年。新しい年が明け、春になりました。しかし帝の病気は悪化する一方。太后も物の怪に取り憑かれて苦しんでおり、世間でも異常なことがしきりに起こりました。

世間が騒がしいのも、病気が良くならないのも、父上の遺言に背いたからに違いない。でも自分の皇子はまだ2歳。10歳の皇太子(源氏と藤壺の宮の息子)に位を譲るとしても、やはり後見役の源氏がいてくれなれけば…。」帝はついに太后の反対を押し切って「源氏を京へ呼び戻すように」と勅命を下します。

あれほどお母さんに圧されていた帝ですがここは一踏ん張りし、おかげで足掛け3年の源氏の謹慎生活もついに終わりを迎えます。源氏28歳の7月20日(旧暦)のことでした。

源氏は突然の知らせに「いつかは来ると思っていたが、ついに…!」と驚喜。少人数で粗末な家に寂しく暮らした須磨、嵐と落雷で死にかけ、急きょやってきた明石での新生活。何もかもが初めてで、自分の意志ではどうにもならないことがあると知った、短いようで長い時間でした。

行きの紫の上との別れも辛かったですが、帰りは明石の君との別れが待っています。今から胸もつぶれそうですが、「大きな夢の実現には、まず京に戻って政界復帰することが先だ」。そう、彼女との縁は娘への大きな期待を含んでいるのです。

それまでは紫の上に遠慮していた源氏も、別れが決まってからは毎日明石の君を訪れます。それもそのはず、彼女は既に源氏の子を妊娠していたのです。初めての結婚・妊娠で、今一番一緒にいてもらいたいのに、彼は行ってしまう…。何とも心細く、辛い気持ちでいっぱいです。かわいそう。

源氏も「なんでこう辛い思いをする人生なんだろうか。京へ戻れる日が来たのは嬉しいが、戻ってしまえば2度とこの地に来ることはあるまい」。まあ、あなたがあちこち悩みの種を蒔くからなんですけども。源氏は取り残される彼女が哀れでなりませんでした。

京からは帰りのお供やお使いが次々に到着し、惟光たちは帰京ムード一色。ところが、せっかくお赦しが出たのに、肝心の源氏はなかなか帰ろうとしません。あんなに帰りたがっていたのに…。すでに1ヶ月が経ち、季節はすっかり秋になってしまいました。

帰る気配のない源氏に、明石の君の存在を知っている者たちは(彼女と別れがたいんだろうなあ)(女としてはかえって大変なことになったよなあ)(どうも彼女を紹介したのは良清らしいぜ)。そんなひそひそ話を聞いて、良清は「ああ、彼女の話なんかしなきゃよかった」と後悔しきりでした。

目前に迫る別れ、初めて聴いた彼女の名演奏

踏ん切りがつかなかった源氏も、いよいよ明後日に帰京を決めました。その夜、源氏は明石の君との別れを惜しみます。「あなたの演奏を聞きたいと思っていたけど、ついに弾いてくれなかったね。思い出になるよう、私がまず琴を弾くよ」

琴を奏でる源氏の横顔は、苦境のうちにやつれ、それがかえって上品で美しく見えます。彼が素晴らしい人であればあるほど、やはり自分とは釣り合わないと思ってしまう明石。源氏の「しばらくお別れだけど、必ず京で一緒に暮らせるようにするからね」という言葉に、涙ぐんで一言二言返事するのが精一杯です。

源氏の演奏を聞いた入道が、箏の琴を持ってきます。明石の君も別れの曲を素直に弾きはじめました。上品で洗練された弾き方と、澄み渡るような音色。当代の名手以上の優れた腕前に、源氏も思わず舌を巻きます。秋の夜、彼女の寂しさや悲しみがこもったその曲は、心にしみわたるようでした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。