ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【WBC】CM明け直後に中田翔選手のホームラン TBSの中継に批判殺到

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
TBS

昨日3月7日に開幕をむかえたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表・侍ジャパン。本日3月8日はオーストラリア代表との試合が行われ、地上波ではTBSが中継を担当した。
初戦のキューバ戦では、山田哲人選手の放ったホームラン性の大飛球をスタンドの少年がグラブでキャッチ、ビデオ判定でツーベースになるという事件があり、ネットを中心に騒動が巻き起こった。幸い、試合は日本が勝利したが、もし敗れていたら更に騒動は拡大していたものと思われる。

参考記事:【WBC】山田哲人選手のホームラン性の打球をキャッチしたファンの画像が『Twitter』にアップされる
http://getnews.jp/archives/1650429[リンク]

そして、3月8日のオーストラリア戦。1-1の同点でむかえた7回表日本の攻撃で、先頭バッターの中田翔選手は初球をホームラン!
……だったのだが、TBSの中継はCM明けで日本のピッチャーが投げるリプレイを流しながら、画面下にスポンサーのテロップを入れ、BGMをバックに「ここまでは、****、****」と企業名を読み上げるナレーションを入れる。そして最後に「ご覧のスポンサーがお送りしました」となったところで中田翔選手が映り、いきなりホームランを打つという展開となる。
画面下には企業名が映ったまま、BGMも消えていない状況下でのホームランということで、まだリプレイの場面だと思っていた人も大勢いた模様だ。
『Twitter』やネット掲示板には
「無能」
「ふざけんな」
「バカなの?舐めてんの?」
「死んで、どうぞ」
「何しとんねん、フジテレビじゃねーんだぞ」

といったTBSへの怨嗟の声があふれることとなった。


中田選手ホームラン!!!!!!

という「TBSテレビ 宣伝部」(@tbs_pr)のツイートにも批判の声が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。