【WBC】山田哲人選手のホームラン性の打球をキャッチしたファンの画像が『Twitter』にアップされる

access_time create folderエンタメ
WBC

本日3月7日はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の、日本代表・侍ジャパンの開幕戦。19時よりキューバ対日本の試合が行われている。

1対1の同点でむかえた4回裏ツーアウトランナー2塁で、ヤクルトの山田哲人選手がレフトに大飛球を放つ。スタンドインしてホームランかと思われたが、観客がフェンスよりも手前でボールをグラブでキャッチしていたということで、ビデオ判定の結果タイムリーツーベースとなった。
当初は、ホームランボールをキャッチした少年は多分に周囲に賞賛されていたものと思われ、『Twitter』には

やばww
ナイスキャッチ笑笑

というツイートとともに少年がにこやかな顔で撮影に応じた画像がアップされていた。しかし山田選手のホームランが幻となってしまいネット上では大バッシングを受ける。ツイート主はツイートを削除、アカウントに鍵をかけてしまったようである。
また、他のユーザーは

めっちゃ怒られてたンゴ…

山田のホームランボールキャッチ君永久出禁グッバイ

と、キャッチした少年と思われる人物が係員数人に囲まれている画像をアップ、それぞれ多くのリツイートを集めるなどしていた。

試合は、日本が5回に一挙5点をあげるなどして、スコアは5回終了の時点で日本7-1キューバとなり、少年に対する批難の声も多少は収まったようだ。しかし今後の展開次第では批判が再燃するかもしれず、試合の行方が注目される。

23時6分追記:試合は11-6で日本がキューバに勝利した。

※画像はネット上にアップされた、問題の『Twitter』のキャプチャ画像(一部加工)

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧