ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「誰も見たことのない幽霊屋敷を作りたかった」 脅威の事故物件ホラー『ホーンテッド・サイト』監督インタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
A_02280

「これまで映画のなかで100人くらい殺してきましたけどね、斬新で巧い殺し方というのはそうそう思いつかないもので、難しいですね!」

3月5日よりいよいよ公開となる『ホーンテッド・サイト』のダーレン・リン・バウズマン監督は屈託なく語った。彼は、ジェイムズ・ワンのあとを引き継ぎ『ソウ2』から『ソウ4』までを手掛けた生粋のホラーマニアの監督だ。死に様博覧会とばかりに数々のユニークな死亡描写が繰り広げられた『ソウ』シリーズだが、今作『ホーンテッド・サイト』も“事故現場をつなげて作られた巨大な幽霊屋敷”が主題なだけあり、多くの人々の悲劇的な死が、監督の独特のショッキングな映像美によって描かれる。

バウズマン「暴力を描くときは、常に人々が驚くような、新鮮に感じてもらえる表現ができるように心がけています。それは今作でも同じこと」

●ホーンテッドB5チラシ表面

『ホーンテッド・サイト』は、姉家族を殺された新聞記者の主人公が、転売された姉の家の殺人現場が“取り除かれている”ことに気付き、その真相を追う物語。彼女はそのうちに、謎の老人がある目的を持って作り始めた、事件現場をつなげた幽霊屋敷へとたどり着くこととなる。

数々のホラー映画を観て“幽霊屋敷”という題材に魅入られた監督は、これまでに見たことのないユニークな幽霊屋敷の物語を考え始め、今作の構想ができたのだという。それは、すでに幽霊屋敷が存在しているのではなく、ストーリーのなかで“幽霊屋敷が作られていく”というもの。卓越した映像で描かれたそれは、発想だけでなく視覚的にも観る者を驚かせ・興奮させる、見事な幽霊屋敷へと仕上がった。

バウズマン「僕の“ホーンテッド・サイト(ABATTOIR)”のアイデアはすごくビッグなものでした。映画化の話を持ちかけたとき、“到底そんな規模のものは作れないよ!”と断られてしまったんです。そこでメディアミックスの話が持ち上がって、まずは『ABATTOIR』というコミックとしてこのストーリーが世に出ました(日本未発売)。それがうまくいって、今回の映画化に繋がったのです。でも、本当はこの映画に登場する屋敷よりも更にユニークなものを想定していました。1800年代や1900年代のクラシックな家具が並び、日本やインドネシア、ブラジルなど、各国の建築が一緒になっているような――。予算的に今回の作品では描ききれなかったので、現在準備を進めているシリーズ作品で様々なアイデアを形にしたいと思っています」

好きなものをマッシュアップし、自分のオリジナルへと消化させるというバウズマン監督。今作では3つの映画がアイデアのベースとなっているという。

バウズマン「映画を作るときに、同ジャンルの映画をたくさん観て、何が好きで何が好きでないかを選り分け、好きなところを取り入れるところから始めるのです。まず物語の序盤。犯罪を追う映画――フィルム・ノワール的なものを思い描いていて、『セブン』を意識して作っています。そして中盤。主人公が“行ってはいけない場所”に足を踏み入れるということで、ヒントとなったのは『ウィッカーマン』です。そして終盤、すべてが明らかとなり、その恐ろしさに対峙する、という意味で、『ヘルレイザー』をヒントとしています」

理想を追い求めどんどんビッグになっていった監督の“幽霊屋敷”の構想。しかし彼はなぜここまで“幽霊屋敷”に惹かれるのだろうか?

バウズマン「僕が幽霊屋敷に惹かれる理由? そうですね……ひとつお話を聞かせましょう。僕がいま撮影のために滞在しているこのホテルで、真夜中の午前4時に起こった話です。キャンドルをつけっぱなしで寝ていて、ふと目を覚ますと、連れてきた僕の飼い犬がじっとキャンドルを見つめているんです。僕がキャンドルを消そうとして近付いた時、そのキャンドルはひとりでにスッ……と横にスライドしていった。そんな奇妙なことが起こった翌日、何も知らない2歳の息子が、妻と連れ立ってこのホテルへとやってきました。そして、僕がどの部屋に止まっているかも知らない息子が、僕の部屋の窓を指差し、“パパ、あそこに幽霊がいるよ!”と叫んだのです。……これが理由ですよ(にっこり)」

今回、滞在しているホテルのベッドの上で、ブランケットをこねくりまわしながらスカイプインタビューに答えてくれたバウズマン。この無邪気な野心家の、“ホーンテッド・サイト”というビッグなプロジェクトの日本第一弾を、ぜひ劇場でお楽しみあれ。

『ホーンテッド・サイト』は特集上映『未体験ゾーンの映画たち2017』にて3月5日より公開。どうぞ、お楽しみに。

すべての画像はホラー通信の元記事をご覧ください
『ホーンテッド・サイト』公式サイト http://www.happinet-p.com/hauntedsite/
『未体験ゾーンの映画たち2017』公式サイト http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。