ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

珍しい銘魚がリーズナブルな回転寿司で食べられる!「天然漁場直送回転寿司 ぶっちぎり寿司!!!」【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170207222821j:plain

希少であまりとれないので、市場に出回らず、調理にも手間がかかる魚。地元でもほとんど食べられていない、漁師さんだけが知るという、レアだけれどもおいしい魚、銘魚(めいぎょ)。

今回ご紹介するのは、そんな銘魚が、一皿118円から食べられる回転寿司店、「天然漁場直送回転寿司 ぶっちぎり寿司!!!」です。

ほとんど市場に出回らない、レアな銘魚の回転寿司

冬が終わると、秋と並んでお寿司がおいしい春ですね。

こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。

珍しい魚が食べられる回転寿司があると聞き、行ってまいりました。

f:id:mesitsu_lc:20170207222741j:plain

場所は阪急宝塚線・庄内駅から徒歩3分ほど。豊南市場とは線路を挟んで反対側、西口を出てすぐの商店街にあります。

f:id:mesitsu_lc:20170207223024j:plain

今回、混雑時を避けて、オープンと同時にお邪魔しましたが、開店前から並んでいる方もいるほど。常連さんも多い、地元で愛される人気店です。

f:id:mesitsu_lc:20170207222813j:plain

店内はボックス席中心に、カウンター席と合わせて100席。それが連日満席になります。

f:id:mesitsu_lc:20170207222817j:plain

お寿司は、118円を中心に、216円、324円、540円の4種類。

f:id:mesitsu_lc:20170207222810j:plain

定番メニュー以外の旬のものは、店内のホワイトボードに。

f:id:mesitsu_lc:20170207222838j:plain

食べたいお寿司が回っていない時は、インターホンで注文します。

f:id:mesitsu_lc:20170207222808j:plain

レーンを流れる握りたてのお寿司たち。何を食べようか迷います。

……ですが、今回の目的は、まずは銘魚のお寿司です。

いよいよ、旬の銘魚が登場!

「元々は普通の回転寿司店としてオープンしました。大手さんに負けないようにいろいろと考えて、おいしいけれど調理に手間がかかるから捨てられてしまう、市場に出回らない、銘魚に行き着きました」

と、総支配人(店長)の植村茂男さん。

「うちは職人がいるからこそ、店内で調理して、リーズナブルにお出しできるんです。今では銘魚のお寿司だけを食べに来られる方もいらっしゃいます。銘魚は季節によってとれる魚種が変わりますが、今(1月末)は一番種類が少ない時期なんです」

と、まださばく前の銘魚を持ってきていただきました。

f:id:mesitsu_lc:20170207222821j:plain

この日の銘魚は、右上から時計回りに、ミシマオコゼが4尾、ミノカサゴ、ホウボウが2尾、ミノカサゴ2尾、ホウボウ、キントキダイ、ウスバハギ。すべて徳島県鞆浦(ともうら)漁港から、つい先ほど届いたものです。

仕入れによりますが、毎日4~7種類の銘魚が食べられます。

「銘魚でもブランド魚並みの人気が出てきたものがあって、ホウボウなんて3倍くらい値上がりして、今やヒラメより仕入れ値が高いくらいですよ(苦笑)」

「漁法もお聞きした上で、仕入れています。徳島県鞆浦漁港、愛媛県愛南漁港、兵庫県からは、週に2回ずつ入荷します。時期によっては鳥取や福井、鹿児島などからも届きます。鹿児島からは航空便なので、運賃がかなりかかりますが、陸便だと半日余計にかかるので……。産地を変えることで、いろんな種類が食べられます」

産地や漁法にまでこだわるから、地元でもまず味わえない、珍しい銘魚の数々が味わえるんですね。それも一皿118円からと、かなりのお値打ちで。さっそくいただきます。

f:id:mesitsu_lc:20170207222921j:plain

ポン酢で食べる「ミシマオコゼ」(1皿 216円)。

あっさりした上品な白身魚のうま味が、ポン酢とマッチしています。1匹からわずか3切れほどしかとれないそうですが、そこまでするのも分かる魚です。

「この時期によくとれる、底物と言われる海底魚です。骨がすごく多くて、1匹の骨抜きに10分かかることもあるくらい職人泣かせの魚です。10分あればどれだけ魚をさばけるか……」

魚種によって、醤油、ポン酢、炙り、塩と、回転寿司でも、ベストの食べ方で提供してくれます。

f:id:mesitsu_lc:20170207222855j:plain

「ミノカサゴ」(1皿 216円)。

独特のクニュっとした歯応えで、淡白なうま味です。

「トゲに毒があるので、地元の漁師さんくらいしか食べないのですが、味は普通のカサゴと変わらずおいしいんですよ」

f:id:mesitsu_lc:20170207222919j:plain

こちらは若干寝かせた、兵庫産の銘魚「ヒゲソリダイ」(1皿 216円)。

弾力は程よく落ち着いて、ねっとりしたうま味が味わえます。

うまいのは銘魚だけじゃなかった!

ここからは、銘魚以外の寿司にも挑戦です。

f:id:mesitsu_lc:20170207222931j:plain

今が旬、鹿児島産の「寒ブリ」(1皿 118円)。

天然ものならではの、品よくとろける脂のうま味がたまりません。

寒ブリがあるときは、ハマチを仕入れないくらい植村店長もお気に入りの一皿。毎日5キロ級のブリ1本出る人気ぶりです。

f:id:mesitsu_lc:20170207222921j:plain

寿司では珍しい兵庫産の「サワラ」(1皿 118円)。

香ばしいうま味で、お酒も進みそうな逸品。炙りプラスアルファの企業秘密の努力で、よりうま味を引き出しているそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170207224424j:plain

「サーモンの炙り」(1皿 118円)。

このお値段で、臭みがないノルウェー産の生サーモンを使っています。炙ることで程よく脂が落ち、うま味が増しますね。

f:id:mesitsu_lc:20170207224400j:plain

つつくとまだ動いていた(!)、鮮度抜群の「活赤貝(ヒモ付き)」(1皿 540円)

コリコリした食感の赤貝に、酒肴にしたい貝ヒモ。このお店では一番高い皿ですが、十分お値打ちです。

1皿 118円からで、このクオリティ! 回転寿司と侮るなかれ、です。目玉の銘魚のお寿司だけでなく、定番寿司がきちんとおいしいところに、こちらのお店の底力を感じました。

f:id:mesitsu_lc:20170207223015j:plain

▲鮨職人歴24年の植村店長

「春になると、コショウダイやキントキダイ、コロダイなど鯛の仲間や、シマガツオやサメ科のスギなど、魚の種類も豊富になります。銘魚の種類はその日の入荷次第なので、旬の時期でも同じ銘魚が毎日あるとは限らないんです。今日は何があるんやろと、日替り感覚でお越しください」

下処理、骨抜き、包丁入れと、熟練の寿司職人がいて、ひと手間を惜しまないからこそ、銘魚のおいしさを引き出したお寿司が食べられるんですね。週末のお昼時を中心に、大行列ですが、比較的空いている午後3時から4時頃が狙い目だそうです。

お店情報

元祖 銘魚専門店天然漁場直送回転寿司 ぶっちぎり寿司!!!

住所:大阪府豊中市庄内西町3-4-15 1階

電話番号:06-6334-2426

営業時間:11:00~22:00(LO 21:30)

定休日:無休

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年2月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:西尾明彦

西尾明彦

外食ライター&コピーライター。食と酒を中心に、堅めのビジネス系まで柔軟に執筆中。趣味は酒蔵巡り。北は北海道から南は四国まで50蔵以上を訪問。大阪在住のきき酒師。 HP:コピーライター西尾事務所

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

昇龍軒のどデカイ、カレーちゃんぽん麺! ゲソやらポテトやらとにかくボリューミー【大阪】
560円で食べられる「谷町 一味禅」の天丼がうますぎる【大阪】
元NMB48の島田玲奈さんがオーナーの本格的カフェ「saq*cafe」へ行く【大阪】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。