体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリエイティブ・コモンズが公式画像検索サービス「CC Search」のベータ版をリリース

クリエイティブ・コモンズが開設した「CC Search」クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)とは、創作物の権利を守りつつ、クリエイティブ・教育・科学などのコンテンツをオンラインで広く共有し、さらなる文化・研究活動につなげようという思いから2001年に米サンフランシスコで設立された非営利団体。

この活動は、現在、米国、豪州、フランス、ドイツ、日本を含む85カ国以上に広がり、文学作品、写真、音声、動画など、110億点以上ものコンテンツが、クリエイティブ・コモンズが定めるパブリックライセンス「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」のもとで利用されている。

・クリエイティブ・コモンズの画像検索サービス「CC Search」

CC Searchの画像検索結果クリエイティブ・コモンズは、2017年2月、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス対象のコンテンツに特化した新しい画像検索サービス「CC Search」のベータ版をリリースした。

「CC Search」は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで公開されているコンテンツとの総合的なインターフェイスとして、タイトルや著作権者、所属機関などをベースにフィルターをかけたり、リストを作成したり、検索条件を保存するなどの機能を実装。

現在、画像共有サービス「Flickr」や「500px」の投稿画像、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)やニューヨーク公共図書館の所蔵品のほか、メトロポリタン美術館がパブリックドメインとして公開した画像のうち20万点を網羅している。

・エンドユーザーの声をもとにさらなる改良へ

「CC Search」は、誰でも無料で利用可能。

クリエイティブコモンズでは、エンドユーザーからの意見やフィードバックをもとに、今後も「CC Search」の改良を継続していく方針だ。

CC Search Beta

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会