体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

hamamatsu-29

2017年のNHK大河ドラマ、主人公は『井伊直虎』。名前を聞いて「誰?」「そんな人いたっけ?」と思ったひとも多いはず。

にわかに脚光を浴びた直虎ですが、戦国時代の人物としては知名度が低く、実際に謎の多い人物でもあります。今回は、地元ながら「実は一番びっくりしている」という静岡県浜松市周辺に取材に行ってきました。

平安時代から千年続く名家、井伊家の始まりの場所

まずは直虎のルーツ、井伊家のあらましをたどってみましょう。井伊家は寛弘7年(1010年)、共保(ともやす)が初代と言われています。井伊家の始まりは平安時代にまで遡るわけですね。

hamamatsu-06

田んぼのど真ん中にある井戸こそ、『共保公出生の井戸』。共保はこの井戸に捨てられていたという言い伝えがあります。

hamamatsu-07

昔は捨て子信仰があったので、当時、遠江の国司であった藤原共資(ともすけ)が形式だけ実子を捨てて拾いに来たとか、捨て子を拾ったとか、諸説あるようです。

hamamatsu-08

大河でもちょこちょこ井戸が出てきますが、実際の井戸は丸い石の積み上げではなく、井桁。傍らには橘の木が立っています。

hamamatsu-74

ここから、井伊家の家紋である『井桁』と、『丸に橘』が生まれました。

井伊家は遠江国の名家であり、この地も手厚く保護されてきたものの、一族の中での直虎の知名度は地元でも低く、「2017年の大河ドラマは井伊直虎」と聞いて、「えっ、誰?」「知らない」となった浜松市民がほとんどだったとか。全国区でもかなりマイナーではあると思いますが、地元民も知らなかったのは意外です

次郎法師こと直虎が暮らした寺、龍潭寺

hamamatsu-15

ドラマにもたびたび登場するのが、井伊家の菩提寺、龍潭寺(りょうたんじ)。『共保公出生の井戸』からは道路を挟んですぐの場所にあります。出家したおとわが暮らす寺で、ドラマでは小林薫さんが味わい深い南渓和尚を演じています。

hamamatsu-14

龍潭寺は、井伊家の重要拠点としても使われました。本堂の廊下はうぐいす張りで、誰か通ればすぐ分かるようにしてあったそう。盗み聞きされてはいけないような話も、ここでたくさん行われたのでしょう。

hamamatsu-11

左甚五郎作の龍。”井の国=水の国“、をまもる龍神です。静岡の静岡浅間神社でも左甚五郎作品を見ましたが、やはりここにもありました。

hamamatsu-14

井伊家の歴代当主の御霊が祀られている御霊屋。千年の歴史をもつ井伊家、40代の当主が祀られています。像があるのは初代の共保直盛(おとわ=直虎の父)と直政(亀之丞の子)。ちょっとネタバレですが、おとわの父はこのあと桶狭間で無念の戦死を迎えることになります。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy