ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『火花』又吉直樹の次回作は“恋愛小説” 文芸誌『新潮』4月号に掲載へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
gekijou_matayoshi

お笑いタレント・又吉直樹さんの小説第2弾が、3月7日(火)発売の文芸誌『新潮』4月号(新潮社)にて掲載されることが分かりました。タイトルは『劇場』。原稿用紙300枚の長編で、ジャンルは本人初挑戦の“恋愛小説”とのこと。

『文學界』2015年2月号(文藝春秋)で発表された処女作『火花』は、第153回芥川賞を受賞し、単行本と文庫は累計283万部の大ベストセラーに。動画配信サービス『Netflix』でドラマ化されて海外でも話題となり、現在は『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で漫画版が連載中。まだまだ『火花』フィーバーが続く中での次回作発表となりました。

なお、『劇場』を執筆中の又吉さんに密着取材したNHKスペシャル『又吉直樹 第二作への苦闘』(仮題)が、2月26日(日)21時より、NHK総合で放送されることも発表されています。

ニューヨーク留学を控えた相方・綾部祐二さんを尻目に、文芸家の道を着々と突き進む又吉さん。新たなメディアミックス展開が予想される注目作から目が離せません。

【関連記事】ピース・又吉直樹さんへ小説デビュー作『火花』について聞いてみた 「こんなに反響があったことは初めて」
http://getnews.jp/archives/896886

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。