ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

KDDIとクリプトン、バーチャル初音ミクが施設をガイドするTangoを利用した案内サービスの実証実験を北海道で実施

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDI はクリプトン・フューチャー・メディアは 2 月 7 日、Google Tnago の空間認識技術を活用して “初音ミク” などの仮想キャラクターが博物館をガイドする案内サービスの実証実験を開始しました。美術館や博物館で Tango を利用した案内サービスは既に米国のデトロイト美術館で実施されており、施設提供の Lenovo Phab2 Pro を展示物にかざすと対象物に関連する AR コンテンツを表示し、より詳細に情報を確認できるようにしています。今回、KDDI とクリプトンが発表した案内サービスは、北海道の新千歳空港やサッポロファクトリーアトリウムで実施されます。同施設では、専用アプリ「ミク☆さんぽ」をインストールした Lenovo Phab2 Pro を施設内でかざすと、3D の等身大「雪ミク」が地面の上に立っている姿が画面に表示され、展示物にカメラをかざすと反応して AR コンテンツを表示し施設を案内します。「雪ミク」は様々な角度から見ることができ、一緒に散歩したりすることもできるとされているので、ミクファンにとっては興味津々な取り組みだと言えます。案内サービスが実施されるのは「雪ミクスカイタウン」と「サッポロファクトリーアトリウム」の 2 箇所で、両会場では 今回の実験用に Lenovo Phab2 Pro が提供されます。Source : KDDI

■関連記事
NTTドコモ、「AQUOS EVER SH-02J」と「MONO MO-01J」のソフトウェアアップデートを開始
シャープ、エモパー公式サイトをリニューアル、エモパーラジオ第二弾を実施
LG G6は韓国で3月9日に発売か? Spigen製ケースのレンダリング画像も流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。