ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

宇多田ヒカルさんがJASRACの方針に反対?「(学校の授業では)著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

utada

2月4日、歌手の宇多田ヒカルさんが『Twitter』にて



もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。

と、朝日新聞デジタルが『Yahoo!』に配信した
「音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も」
というタイトルの記事にリンクを貼ってツイートを行った。

日本音楽著作権協会(JASRAC)がヤマハなどの音楽教室から著作権料を徴収する方針を固めたと報じられたことで、現在ネット上で物議を醸している。宇多田さんのツイートは、この方針に反発したものと見られる。
新世紀エヴァンゲリオンの主題歌『残酷な天使のテーゼ』などの作品で知られる作詞家の及川眠子さんをはじめ、さまざまなアーティストが今回のJASRACの方針にSNS等で反対意見を表明するなどしており大きな話題となっているこの問題。
宇多田さんのツイートには、

・JASRACはそれを赦しません。最悪です。
・作曲家・作詞家、個々が任意で著作権を決められるのが一番理想かもしれない。
・アーティスト側がそう言ってるんだから、考えてほしいよね。
・音楽を提供する立場の方の発言として敬意を表しマス。学校の授業の場合、教育明目なのでJASRACも請求できないはずですが。
・あくまで預かり管理させてもらっている立場なのに、最近の行動は目に余るものが多いですね。 いい音楽にふれる機会が減らないといいですね。

などなど、賛同する返信が次々と寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。