ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「鳥さんが僕のお友達さ」やたらに増える独り言…メランコリックな源氏と愉快な野郎たち~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

源氏34

須磨での日常、源氏と愉快な野郎たち

源氏が須磨に来てあっという間に半年が過ぎました。日増しに秋らしくなり、夜は特に波音が近く聞こえます。何もなくても秋は寂しいのに、海辺での初めての秋は一層、身にしみるものがありました。

「波音が迫ってくるようだ…」源氏は独り目を覚まし、轟く波を聞きました。ただそれだけなのに、涙が溢れ出てきます。そばにあった琴をかき鳴らしてみますが、あまりに哀切な音になるので手を止めて「風は、恋しい方から吹くのだろうか。私の泣き声に混じって波音が聞こえてくる」。

メランコリックな源氏のつぶやきに、惟光らも目を覚まし、こらえきれずもらい泣き。それを見て源氏はハッとします。「ああ、自分だけじゃない。京が恋しいのは皆同じなんだ。でも私のせいで、しなくてもいい思いをさせてしまっている…」。

源氏はとても寂しがり屋です。でも、ここで自分が「京が恋しい、寂しい」と言っては、従者たちを心配させてしまうだけ。家族や恋人を置いて自分と運命をともにしてくれている、彼らの主としての自覚が足りなかったな、と反省したのです。

翌日から源氏は、昼間は冗談を言って笑わせたり、皆でいろいろな色の紙に落書きをしたり。率先して気分をあげようと努力します。源氏って、身分の上下に関係なく、とにかく人に気を使うタイプなんですね。

源氏は出来杉君のようになんでも万能ですが、特に絵が上手。京にいた頃は、話に聞いた海や、山の景色を想像して絵を描いたものでしたが、今は本物の海が目の前にあります。源氏は、リアルで躍動感あふれる絵をたくさん描きました。

源氏のスケッチに惟光たちは感心して、「有名な絵師を呼び寄せて、色をつけさせたらもっと素晴らしいでしょうね」と言い合います。このスケッチ、今は何気なく描きためているだけですが、のちのち源氏の出世に大いに役立つとは、誰も思いもよりません。

5人の従者たちは全員男。まったく女っ気がなく、何から何まで自分たちでやらないとダメな不便な暮らしですが、彼らは幸せでした。いつもぴったり源氏にくっついて、たまに「ああ、なんと殿はお美しい」とうっとりしながら……。

朝早く起きてお経をあげ、日がな一日、絵を描いたり合奏したり。寂しさを紛らわせるべく、源氏の須磨での暮らしは淡々と過ぎていきます。なんだかんだで、この男所帯は結構楽しそうです。

「今日は十五夜…」源氏、宮中でのお月見を思い出す

明るい月の光に、源氏は今夜が中秋の名月であることに気が付きました。「今日は宮中でも音楽の夕べだろう。帝や朧月夜、京の人びとも同じ月を見ているのだろうなあ」。月を眺めていると、過去のことが走馬灯のようによぎります。源氏はこらえきれず声を上げて泣きました。

夜が更けても、源氏は部屋へ入ろうとせず、まだ月を見ています。「月を見ていると心が慰められるな。京の都は月のように遠いけれど…」。そういえば、兄上とゆっくりお話をしたなあ。優しいご様子が、本当に父上によく似ていらした。「帝から賜った衣は今ここにある」。源氏はやっと部屋に入ります。

去年の中秋の名月は清涼殿(宮中で帝が居る御殿)にいたのに、今は配所で帝から下賜された御衣の香りを拝している…というのは、大宰府に左遷された菅原道真の漢詩を引用しています。

源氏もまさに道真の漢詩と同じ境遇。信じられないような運命の暗転に、恋しさと辛さの両方からの涙が溢れます。誰に言うわけでもなく、手元に残った御衣を思い、独りでつぶやいた秋の夜。「惟光たちの前で言うと心配かけるから」というのも手伝い、源氏の独り言がやたらに増えます。現代に彼がいれば、ツイッターをおすすめしたいですねえ。

「今でも思い出した時にメールを出す」そんな女性とすれ違い

トップクラスの政治家が行くと悲惨ですが、中流クラスの人間にとっては、太宰府は栄転の地でした。太宰大弐(だざいのだいに、九州エリアの長官)が上京するため須磨を通り、源氏の琴の音を聞いて挨拶に来たのです。源氏とは旧知の仲で、彼の大弐の息子の出世を後押したこともあり、大弐の家族もみな、源氏の不遇に同情しました。

源氏はこの訪問をことのほか喜びます。「ここに来てからは親しい人たちになかなか会えない。わざわざ訪ねてきてくれて本当にありがとう!」知人程度の知り合いですが、知っている人に会えて嬉しい!!寂しがり屋の彼が、いかに人に飢えているかがよく分かります。

大弐は大家族で、若い娘たちも大勢いる中、かつて源氏の愛人だった娘もいました。この娘は筑紫の五節(ごせち)という呼ばれ、新嘗祭に舞を披露する”五節の舞姫”を勤めた時、源氏と出会って関係を持ったらしい。というのも、彼女と源氏がいつ出会ったのかが書かれていないため。舞姫に選ばれるだけあり、可愛い女性だったようです。

源氏は時々、彼女のことを思い出しては文を出します。「もう終わってるし会いもしないけど、思い出した時にメールを出す」間柄です。ここでもやり取りが復活し、五節はそんな源氏が気の毒で「家族と別れてここに残りたい」と思うほどでしたが、2人の関係はより戻ることはなく、たまの文通だけが続きます。

「自分も左遷されるかも」太后のひと言で手紙激減

一方、京では源氏ロスが続いていました。帝はもちろん、皇太子は源氏を恋しく思い、人知れず涙をながすことも。源氏が実の父とは知らない皇太子の涙に、秘密を知っている王命婦は動揺を隠せません。宮はただただ心細く、仏様に祈りを捧げて暮らしています。

源氏を慕う人は数多く、特に親しかった人は源氏とマメに文通をしていました。そのやり取りの中から源氏作の漢詩などが評判になり、太后の耳に入ります。「源氏は犯罪者ですよ。本来なら自由などあってはならないはずなのに、風流ぶって政府を批判しているとか。そんな男におもねるとはけしからぬ」

太后のひと言は効果バツグン。まさに鶴の一声です。(源氏と仲良くしていると、自分も左遷されるかも…)とビビりまくった人びとは、あっという間に文通をやめ、源氏のもとへ届く手紙は激減します。

その頃、二条院では、女房たちが紫の上を絶賛していました。元々源氏付きだった彼女たちは、プライドもあり、最初は年若い紫の上のことをナメていました。が、彼女の美しさや、行き届いた配慮、思いやり深く優しい性格に感動。今ではすっかり敬服し、誰一人辞めることなく、しっかり仕えていました。

下手をすれば末摘花のところのように、有能な女房たちに見限られ、家財も勝手に持ち出されたりして、すっからかんという事態も起こりうるこの状況で、紫の上はしっかり奥さん業をこなしていたのです。よくできた妻…まったく、源氏にはもったいないくらいですね。

「鳥さんの声が聞こえる」源氏の寂しさ、ピークに

紫の上の様子を聞くにつれ、源氏は須磨へ彼女を呼びたくて仕方ない。紫の上の悲しみも時間とともに深まり、お互いにもう離れ離れでいるのが耐えられない。しかし、こんな侘しい海辺の家に、彼女を連れてくるのはかわいそうすぎる。源氏自身、かつては口を利いたこともないような下人とも直に話すような、そんな暮らしなのですから。

友人らとの手紙のやり取りに情熱を注いでいた源氏にとって、手紙がぱったり来なくなったのは大変なダメージでした。忘れられていく寂しさの中、いつの間にか冬になり、雪の日の灰色の空や、冷たい月光も源氏は眠れぬ日々を過ごしました。

明け方に聞こえた鳥の声に「友千鳥 諸声に鳴く暁は 一人寝ざめの床とこも頼もし」。ちいちいと千鳥がなく声が聞こえると、独りじゃないんだなあって思えて、とっても心強いよ。彼、だいぶキてるなあという感じですが、今やもう鳥さんとかお月さまに本音を話すしかないんです。

百人一首「淡路島 かよう千鳥のなく声に 幾夜寝覚めぬ須磨の関守」は、源氏の須磨での暮らしを詠んだ歌と言われています。手紙が届かなくなったし、惟光たちには弱音を吐けない、愛する紫の上も呼び寄せられない。源氏の寂しさはピークに達し、その中で初めての正月を迎えようとしていました。

簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。