体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

果てしなく美しく、挑戦的。エゴン・シーレを知る

EgonSchiele_main2

とにもかくにも、美しい映画である。保守的なウィーン美術史に、性的な営み、人の死に触れる作品で衝撃を与えたエゴン・シーレ(1890~1918年)。16歳の妹をモデルにした最初の裸婦画、幼女性愛疑惑での逮捕ーー28年という短い生涯には、数多くのスキャンダラスな逸話がつきまとう。美男として知られたシーレを演じたのはモデル出身のノア・サーベドラ。その演技力もさながら、目を奪われる白皙の美貌は、常に性の匂いを濃厚に漂わせたシーレの生涯と作風をなによりも饒舌に描いている。
そして、エゴン・シーレによる「ヴァリの肖像」「横たわる女」やセセッシオンのクリムトによる「ベートーベン・フリーズ」など十数点の名画が映画全編にわたり効果的に映し出されるのも見逃せない。エゴン・シーレ没後、約100年。今なお、多くの画家やアーティストに多大なインスピレーションを与え続けるシーレの伝説、そして最高傑作「死と乙女」に秘められた愛の物語はアートファンならずとも必見。

EgonSchiele_sub1 EgonSchiele_main1 EgonSchiele_sub3 EgonSchiele_sub2 EgonSchiele_sub4 EgonSchiele_sub5 EgonSchiele_sub6 EgonSchiele_sub11 EgonSchiele_sub12 EgonSchiele_sub8 EgonSchiele_sub7

『エゴン・シーレ 死と乙女』
1月28日公開
監督:ディーター・ベルナー
出演:ノア・サーベドラ/マレシ・リーグナー/ファレリエ・ペヒナー/ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ
配給:アルバトロス・フィルムBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開

http://egonschiele-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。