体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飛行機の中でもインターネット! メールもゲームもデキる革命的サービス!

実は、ひそかに飛行機でもインターネットが楽しめるという事実をご存知だろうか。え? ファーストクラスだろうって? いえいえ、ビジネスクラスだろうと、エコノミークラスだろうと、飛行機の中でインターネットができるサービスが始まっているのです

そのサービスは『Gogo inflight』といい、あらかじめ登録しておくことによって飛行機の中でインターネットをすることができます。通信方式は Wi-Fi で、持参したノートパソコンや ipod touch などの Wi-Fi が使用できる機器であれば、ほぼすべての機器で使用可能(使用できないものもあるので要確認)。

しかし、『Gogo inflight』はイリジウムのような衛星からデータをやりとりしてインターネットに接続しているわけではありません。飛行機の電波を使用しているわけでもありません。では、どんなルートでインターネット接続をしているのでしょうか?

『Gogo inflight』は “CDMA2000 1xEV-DO Rev.A” という通信方式を採用しており、地上から航空機に対して電波を送り、データの送受信を行っています。よって、宇宙の衛星からではなく地上のアンテナと通信しているわけですね。ちなみに、その電波を飛行機内のMobile WiFi AccessPoint機器を介して Wi-Fi により乗客のノートパソコンや ipod touch などを繋いでいます。そのシステムがよくわかるゲームが公開されているので、遊んでみるとわかりやすいかもしれません。

『Gogo inflight』に対応している航空会社は、エアトランアエウェイズ、アメリカンエアラインズ、デルタエアラインズ、ユナイテッドエアラインズ、ヴァージンアメリカの5社。もうすぐエアカナダでも使用できるようになるとのことで、将来はこの技術を使用して日本国内の飛行機もインターネットが使用可能になるかもしれませんね。

利用料金は2009年6月2日現在、3時間までの使用で9.95ドル(約960円)、3時間以上の使用で12.95ドル(約1250円)となっています。また、ほぼすべてのインターネットサービスに使用可能なのですが、IP電話だけは使えないようです。「よーしパパ飛行機でメールチェックしちゃうぞー」という方は、『Gogo inflight』の公式サイトで詳しく調べてみるといいかもしれませんね(このニュースの詳細記事はこちら)。
 

■こんな話題のニュースもあります
宝石店が無料で配布したダイヤ! 早くも『ヤフオク』に出品される
会社が崩壊! 11期連続赤字もネタにする自虐的ジャレコ公式サイトが話題
【E3】ゲームメーカーによる取材班の獲得合戦が勃発!
デジカメでもホタルをキレイに撮れる!? プロに聞いたホタルの撮り方!
チャリンコにつけるスピーカーバッグを試してみたYO!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会