体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”スパイダーフォン”こと「Take HD(KM-S300)」が韓国で発売

”スパイダーフォン”と呼ばれていたKT TeochのKM-S300が、韓国で「Take HD」として発売されました。

Take HDは韓国KTとその子会社のKT Techが共同で開発したAndroidスマートフォン。4.5インチWXGA(1,280×800)サイズのTFT液晶ディスプレイ、1.5GHz Snapdragon S3(デュアルコア)、1GBのDDR2 RAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に800万画素CMOSカメラ前面に300万画素CMOSカメラ、1,710mAhバッテリーを搭載した結構ハイスペックな端末。OSはAndroid 2.3.4(Gingerbread)を搭載。

USBを介してさまざまな専用機器と接続できるところが大きな特徴の端末で、IFA 2011の展示では、ノートPC型、タブレット型、ゲームコントローラー型のドックと接続したデモが行われていました。

Take HDは本日3日よりKTを通じて販売されており、2月末までに購入した方には、PSPのようにジョイスティックなどを使ってゲームを操作できるゲームキット(韓国Key Plus社製)が無償で提供されるそうです。Take HDにプリインストールされているリアルサッカー2011やアスファルト6体験版をゲームコントローラを使って操作できるとのこと。

カラーはブラックとホワイトの2色。KTの割引きサービス非適用時の販売価格は792,000ウォン(約52,800円)。

Take HDのスペック

・OS:Android 2.3.4(Gingerbread)
・サイズ:133mm(H)×69.9mm(W)×9.5mm(D)、質量141g
・ディスプレイ:4.5インチ、解像度1,280×800ピクセル(WXGA)、TFT液晶
・チップセット:Qualcomm Snapdragon S3 1.5GHz(デュアルコア)
・メモリ:1GB RAM、16GB iNAND
・マイクロSD:32GBまで対応
・リアカメラ:800万画素CMOS、AF、Video Recording 1080p@30fps
・フロントカメラ:300万画素CMOS
・ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(nはデュアルバンド)、Bluetooth 3.0、Wi-Fi Direct、DLNA、NFC
・外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB(USB-OTG対応、最大4台)
・センサー類:加速度、近接、デジタルコンパス、GSP/A-GPS対応、FMラジオ、T-DMB
・バッテリー:リチウムイオン1,710mAh

Source KT Tech 


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxyスマートフォン新機種「Galaxy Ace Plus」を正式発表
米国版XOOM Wi-FiのIce Cream Sandwichアップデートの配信テストが近く実施?
北京智器(Smart Devices)、9.7インチIPS液晶Androidタブレット「SmartQ Ten2 Plus T13」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。