体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーのフォースウェーブが来るぞ! パナソニックから焙煎サービス『The Roast』開始

本体

「自宅でとことん美味しいコーヒーを飲みたい!」そんな願望を叶えるサービスが登場。パナソニックからコーヒーサービス事業『The Roast(ザ・ロースト)』が4月上旬より開始します。

ザロースト

『The Roast(ザ・ロースト)』は、スマートホンで簡単に操作できる家庭用コーヒー焙煎機を使って、毎月届く生豆を自宅で手軽に本格焙煎できるというもの。注目の焙煎機の使い方とともにご紹介いたします。

豆の焙煎度や鮮度にまでこだわった自家焙煎『The Roast(ザ・ロースト)』

おうちで極上のコーヒー体験を おくられてくる豆

『The Roast(ザ・ロースト)』では、コーヒー輸入商社の石光商事株式会社のこだわりの生豆を使用。

季節ごとの4つのテーマにそった豆

季節ごとの4つのテーマに沿った世界各地の豆が毎月お届け。世界中のコーヒーを飲み比べられる仕組みに。

後藤さん

焙煎の味わいは、2013年焙煎世界大会チャンピオンの後藤直紀さんと提携。極上の味わい深い焙煎コーヒーに仕上がっています。

『The Roast(ザ・ロースト)』焙煎機の使い方は?

QRコードをよみとる

専用のアプリで豆のパックに印刷されたQRコードを読み取ります。

ブラジル

1種類の豆に“浅煎り”、“中煎り”、“深煎り”の3パターンの焙煎プロファイルが用意。同じ豆でも焙煎度による味や香りの違いを楽しめます。

ミディアムロースト ライトロースト ロースト開始ボタン

ロースト開始ボタンを押します。

豆豆乳のお知らせ

すると、豆を投入のお知らせが表示。

豆をいれるところ マシンの中 薄皮

新開発の家庭用熱風式焙煎機で、きめ細やかな温度・風量制御を実現。サイクロン技術を利用して、雑味の原因になるチャフ(生豆の表面の皮)を除去します。

10分

焙煎時間は、豆によって違いますが、10分~15分程度。

豆のかぎわけ

焙煎によるコーヒーの難しい味づくりは後藤直紀さんが手掛けており、まさに究極のコーヒーが自宅で堪能できるように。匠の技が光る焙煎したてのコーヒーは格別! パナソニック、コーヒーサービス事業『The Roast(ザ・ロースト)』は4月上旬から開始予定。

なお新サービスですが、生産者・専門家とのパートナーシップを構築するサービスは今後拡充予定。和食のサービスも展開予定。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。