体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSハラスメントに要注意!リア充アピールの光と影

f:id:kensukesuzuki:20170113172330j:plain

あけましておめでとうございます、2017年1本目のハブチンです。

みなさんは「あけましておめでとうございます」をどのようにお伝えしましたか?年賀状、メール、SNSなど色々な手段があるかと思いますが、日本郵政が発表したデータによると今年の年賀状発行枚数は約30億枚と8年連続で減少したそうです。確かに友達の住所を知っている数は、数えられる程度ですよね。

20代、30代の方は SNSを通じて連絡した方が多いのではないでしょうか。日本国内におけるSNSの利用者(アクティブユーザー)は年々増加しており、2016年末には6,872万人に達する見込みだそうです※。総人口の半数くらいが使うツールということで、コミュニケーションのインフラとして確立されつつあります。※出典「2016年度のSNS利用動向に関する調査(ICT総研)

一方で「SNS疲れ」という言葉を耳にします。全国消費者価値観調査(CoVaR)調査によると、約5割の人が「SNSは面倒だと思う」と答えておりSNS疲れを感じている人が少なくないことがわかりました。というわけで、今回どのようにすればSNSハラスメントによる「SNS疲れ」を防げるのか、個人的な考えを記載していきます。

どうしてSNSハラスメントが起きてしまうのか?

「リア充疲れ」に関する調査レポート(タイムカレント調べ)によると、Facebook疲れを感じる理由の第一位は【他人の「リア充」投稿にうんざりしてしまう】とのこと。

他にも【苦手な人とも繋がらざるを得ないわずらわしさ】や、【自分の投稿に対する反応が気になってしまう】が上位にあります。

f:id:kensukesuzuki:20150314105646j:plain

読者の方もこのデータを見て共感する方も多いのではないでしょうか?Facebookには光り輝くような眩しい写真が載っていますが、光の側には陰があるもの。筆者の場合、子どもができるのが少し遅かったのですが、妊活中の妻がFacebookで友達が赤ちゃんの写真をアップしているのを見て、微笑ましくも辛そうにしていたことを覚えています。そういう経験があるので、私たちは子供の写真をSNSに投稿するのをなるべく控えています。いくらいいね!数が集まっても、それ以上に苦しい想いをする方がいるなら、わざわざ投稿する必要はないと思うからです。

ハッキリいってめんどうなSNS。どのようにすればストレスを軽減できるのでしょうか?

SNSを自分の「リア充」アピールのために使わない

そもそも、なぜ自分の「リア充」をアピールしたいかというと、きっと自分はこうありたい、こう思われたいという自尊心(自分を大切におもう気持ち)を満たしたいからだろうと思います。しかしながら、 SNSの投稿で自尊心を満たそうとすると、自分の投稿に対する反応が気になってしまい、しだいに常にチェックをしていないと不安な気持ちになっていきます。

しかしながら、先述の調査のとおり、SNSユーザーの4割は他人の「リア充」投稿にうんざりしています。はじめから4割の人は、あなたが「どんな食事をしているのか」「誰と一緒にいるのか」「子供がどのように成長しているか」など関心がないどころか、正直めんどうくさいと思っているのです。そう思われる方々に対してわざわざ発信するのはお互いしんどくなるだけではないでしょうか。

SNSごとにターゲットとメッセージを絞って投稿する

そこで筆者が実践しているSNSハラスメントを回避するコツは、「SNSごとにターゲットとコンテンツを絞って投稿する」です。自分の自尊心を満たすのではなく、他人が欲しい情報を提供するためにSNSを使うのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。