体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【キターッ!】『T2 トレインスポッティング』日本公開4月8日に決定!

『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル

誰もがそのカッコ良さに憧れ、誰もがそのセンスにしびれ、誰もが赤ちゃんシーンで暗い気持ちになった、90年代の大傑作映画『トレイン・スポッティング』がついに帰って来る! “T2 Trainspotting”(17)の邦題が『T2 トレインスポッティング』に決定し、日本公開が4月8日(土)と発表になりました。

『T2 トレインスポッティング』は1996年に公開され、社会現象にもなった映画『トレインスポッティング』の続編。主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジとオリジナルのスタッフ&キャストが再集結しています。

『T2 トレインスポッティング』ストーリー
スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからこの地に舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)。想像通り?モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とはー。

今回は邦題&公開日と共にポスタービジュアルも解禁。「僕らが選んだー20年後の未来」のキャッチコピーと共に前作から20年経ったスパッド(ユエン・ブレムナー)、レントン(ユアン・マクレガー)、ベグビー(ロバート・カーライル)、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)のオリジナルメンバー4人がそれぞれ“トイレ”からこちらに視線を向ける超絶にカッコいいモノクロビジュアルに、オレンジに白抜きのロゴを組み合わせたものとなっています。

“トイレ”と言えばやはり、前作で最も象徴的ともいえるレントンが体ごと便器に入り込むシーンが有名ですが、そんな前作を連想させるビジュアルに期待が高まります!

『T2 トレインスポッティング』4月8日(土)丸の内ピカデリーほかにてロードショー
イギリス:1月27日(金)公開/アメリカ: 3月3日(金)限定公開・3月10日(金)拡大公開予定。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。