体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、トヨタ自動車の「T-Connect」との連携を開始、新型プリウスPHVの充電料金や走行距離をスマートフォンで確認可能に

KDDI は 1 月 10 日、トヨタ自動車が提供する総合ナビサービス「T-Connect」との連携を開始し、2 月に初内されるトヨタの新型電気自動車「新型プリウス PHV」を購入される方限定のサービスを行うと発表しました。今回のサービス連携は、au ID と T-Connect ID を紐づけることで、KDDI が提供する「au でんきアプリ」から自宅の電気使用量や料金だけでなく、自宅での新型プリウス PHV の充電状況や走行距離を、au スマートフォンで確認できるサービスです。更に毎月の au でんきご利用料金に応じて 1 / 3 / 5% のいずれかと、新型プリウス PHV の充電分から 3% 分を、au WALLET プリペイドカードにチャージするサリ引きサービスも提供されます。また新型プリウス PHV をご自宅の a uでんきで充電する場合、充電相当量に応じて「au でんきセット割」のキャッシュバック率が最大 8% となる特典も用意されます。このほか新型プリウス PHV を購入し、「うたパス」の聞き放題プラン(月額 300 円 + 税)と「ビデオパス」見放題プラン(月額 562 円 + 税)に 4 月 31 日までに加入した場合、3 ヶ月分のそれぞれの利用料金を au スマートフォン請求額から割り引くサービスも提供されます。Source : KDDI

■関連記事
Xperia XZのディスプレイとバッテリーの修理動画が公開
サンワサプライ、7,500mAhバッテリーを搭載した最大300ルーメンのモバイルプロジェクター「PRJ-6」を発売
Xiaomi Mi 6はディスプレイの形状によって2モデル存在?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。