ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【悲報】日本唯一のパイナップルラーメン屋パパパパパインが閉店決定! 赤字じゃないのに閉店する理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ppap8

日本ではPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)が大ブームとなっているが、日本で唯一のパイナップルラーメン屋「パパパパパイン」(略してPPPP)が、2017年4月末に閉店することが決定し、パイナップルラーメンマニアたちが悲しみに包まれている。

・あまりにも美味しすぎる
この店は、パイナップルとラーメンを合体させたラーメンを販売し、世間の「そんなの絶対おかしいよ!」という予想に反して大人気。あまりにも美味しすぎるため、日本のみならず海外からも客が訪れるほどの大人気となった。

ppap12 ppap1 ppap10 ppap3 ppap2

・パイナップルへのこだわり
冷やしパイナップルラーメンや、炭酸パイナップルラーメンなど、異様とも思えるパイナップルへのこだわりが美味しさを生み、「日本でい一番美味いラーメンだ!」と言っているファンもいるほど。

具にパイナップルが入っているだけでなく、煮卵もパイン風味で、もちろスープもパイン系。すべてにパインの要素が含まれているといっても過言ではない。

ppap9 ppap8 ppap7 ppap6 ppap5 ppap4

美味しくて大人気のパイナップルラーメン。なぜ閉店してしまうのか!? 以下は、パパパパパインの店主のコメントである。

・パパパパパインのTwitterコメント
「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、明けましておめでとうございます! 私事で恐縮ですが、店主高齢につき2017年4月末頃にパパパパパインを閉店とさせて頂きます。32回目の誕生日を年末に迎え、寝る間も惜しみ1時間程熟考して出した答えなのでどうか御理解頂けましたらと思います」

「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、多くの閉店を惜しむお声を頂きまして大変感謝しております。6年弱という短い期間でしたが、3か月でつぶれると言われていた当店がここまで続けて来れたのも全て皆様のおかげと思っております。ありがとうございました!」

「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、皆様の温かいお言葉を頂き、熟考した結果、移転先を探していこうと決意致しました。今回の閉店理由は決して売上不振では無いので、年齢的にはがんばれば、あと50年くらいはやれるような気がしてきました」

「パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、現店舗の修繕費や移転費用等を考えるととても現実的には厳しい状況ですので、残り4か月ですが、お誘い合わせの上、いつもよりハイペースで当店におこし頂きますよう御協力お願い出来ればと思っております。大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します」

パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、明けましておめでとうございます!
私事で恐縮ですが、店主高齢につき2017年4月末頃にパパパパパインを閉店とさせて頂きます。
32回目の誕生日を年末に迎え、寝る間も惜しみ1時間程熟考して出した答えなのでどうか御理解頂けましたらと思います。

— パパパパパイン (@paishio) January 6, 2017

パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、皆様の温かいお言葉を頂き、熟考した結果、移転先を探していこうと決意致しました。今回の閉店理由は決して売上不振では無いので、年齢的にはがんばれば、あと50年くらいはやれるような気がしてきました。

— パパパパパイン (@paishio) January 6, 2017

パイナップルラーメン屋さんパパパパパイン、現店舗の修繕費や移転費用等を考えるととても現実的には厳しい状況ですので、残り4か月ですが、お誘い合わせの上、いつもよりハイペースで当店におこし頂きますよう御協力お願い出来ればと思っております。大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します

— パパパパパイン (@paishio) January 6, 2017

・今ままでお疲れさまでした
寝る間も惜しんで1時間も苦悩し、ようやく出た結果が「閉店」だったというわけだ。睡眠もとらず1時間も考えて出た答えなのだから、よほど苦心した決断だったのだろう。

黒字なのに年齢的な問題で営業を続けられないのは悔しいかもしれないが、いつか移転して再オープンするかもしれないので、いまは「お疲れさまでした」という言葉を贈りたい。PPAPならぬPPPP! パパパパパインに栄光あれ!

もっと詳しく読む: パイナップルラーメン屋パパパパパインが閉店決定(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/01/07/paishio/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。