体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カルビー じゃがりこ すき焼き味』牛肉とネギ、醤油のハーモニーにどーんと加わる甘みで再現した意欲作!

昨年のテレビ朝日系「お菓子総選挙2016」でサラダ味が1位になるなど、国民的スナックNo.1ブランドの「じゃがりこ」。今度のコンビニ限定新味は『カルビー じゃがりこ すき焼き味』。さて、どの程度の再現度なのだろうか。

際立つ醤油の香り、味。その後から甘みがやってきて確かにこれはすき焼きテイスト

1995年の登場からずっと新味に挑戦し続けている「じゃがりこ」。かばんで潰れず持ち歩きしやすいし、味を内部に練りこんでいるために手が汚れにくいし、常に何かしら新味が出てくるから飽きがこないという3つの戦略でスナック業界を圧倒し続けるポテトスナックの代表選手。


女子高生御用達スナックとして広まったけれど、発売当時から20年以上経っていることを考えると、かなり幅広い年齢層にファンがいるはず。そんな中、登場したのが和風ご馳走の代表選手・すき焼きをモチーフにしたカルビー『カルビー じゃがりこ すき焼き味』(52g・実勢価格 税込約150円・2016年12月19日発売)。コンビニ限定であり、期間限定でもあることから、次なる新味に押し出されるようにおそらく1ヶ月弱で棚から消えることが予想される刹那的新味だ。


いつものダジャレは坂本ファミリーが「この味大スキヤキ」で、バーコードの方は「喜びの”スキ”〜ップ」と、今ひとつな出来栄え。それでは肝心の中身の方はどうだろうか。


フタをめくるなり広がる醤油の香り。牛肉とネギの香りも混ざっているので、確かに高級な和食店の廊下のような匂いだ。見た目はいつもより日焼けしたようなブラウニーな色合い。濃茶のつぶつぶが所々に垣間見える。これが牛肉か。


ガリっと一口。さらに口の中いっぱいに醤油が広がり、そこに牛肉的な旨味とクタッとなったネギの香りが混じり合い、その後でサクサクしているとみりん系の甘味がブワッと広がる。甘じょっぱい…。確かにこれはすき焼きの味わいだ。それも生卵をつけて食べた時の。卵なんて原材料名に入っていないのに、この味。原材料名の最初の方に入っているミルクパウダーが鍵を握っているような、いないような。


何となく、一緒にご飯が食べたくなる味。本来すき焼きの構成員には存在しないジャガイモのせいなのか、食べているうちに肉じゃがのような気がしてきて、すき焼き味とは何が正解なのだかわからなくなってきた。


甘めの味が好きな人にならおすすめできるが、シャープな塩気を求めるじゃがりこファンには厳しいと思う。ともあれ、気になる人は一瞬のうちに棚から消えて無くなる前に、コンビニに急いだ方がいいだろう。


関連記事リンク(外部サイト)

『カルビー じゃがりこ 枝豆しおバター』ビールによく合う真夏先取りのおつまみ系新味を食べてみた!
発売20周年、夏の『じゃがりこ<とうきびバター醤油>』再登場!噛むほどにバター醤油のコクが押し寄せる!
『じゃがりこ ハニークワトロチーズ』を実食 / 濃厚チーズとハチミツが出会えば何と”アレ”の味になる!?
おかえり『じゃがりこ アボカドチーズ』復活販売!噛むほどにアボカドのまろやかな甘さが押し寄せる!
『じゃがりこ 赤いコンソメ味』おばけに赤く染められた、コンソメ味のハロウィンじゃがりこ!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。