体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【爆食放浪記】ラーメン砂漠”相武台”に鶏清湯スープの美味しい店が誕生しました@『Rojiura Noodle 温麦』

onmugi-toku066_r

今回の”爆食放浪記”はそれとなく筆者(YELLOW)にとって馴染みのあるオダサガ(小田急相模原)の隣にある”相武台”がステージで御座います。つまり、言うまでも無い事なので言わなくても良いのですが、あえて言おう!

「正直、相武台前駅とか降りた事ねぇ!!」

なのでグルメ的にも、さして興味の沸かない地味な相武台ですが、新しいラーメン屋さんがオープンしたので食べに行って参りました。

『Rojiura Noodle 温麦』

onmugi-toku008_r

相武台前駅から徒歩3分弱、2016年末に新規オープンした『Rojiura Noodle 温麦』(以下、温麦)で御座います。

onmugi-toku010_r

店主は以前、町田の名店『一番いちばん』で働いていたので何気にメニューも似ていますね。なので看板メニューも『特中華そば』(950円)となり、『雲呑中華そば』(850円)などが続きます。

onmugi-toku011_r

まだ開店直後でバタバタしている為、とりあえずは麺も製麺所から買っているそうですが、店の奥にはすでに製麺する為のスペースを作っていて、後々は自家製麺に切り替えたいそうです。

onmugi-toku019_r

町田の『一番いちばん』と言えば”青竹”で打った自家製麺で定評があるので、是非とも自家製麺の方向で頑張って欲しいですね。

onmugi-toku018_r

カウンター席のみの潔い作りで御座います。

onmugi-toku021_r

今の所、卓上調味料は件の店でもお馴染みの”粗挽き胡椒”のみです。ここら辺も今後は変化があるかもですね。

『特中華そば』を食す!

onmugi-toku064_r

整いました。初見ではありますが『温麦』で最高峰のメニューとなる『特中華そば』で御座います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会