ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【爆食放浪記】ラーメン砂漠”相武台”に鶏清湯スープの美味しい店が誕生しました@『Rojiura Noodle 温麦』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
onmugi-toku066_r

今回の”爆食放浪記”はそれとなく筆者(YELLOW)にとって馴染みのあるオダサガ(小田急相模原)の隣にある”相武台”がステージで御座います。つまり、言うまでも無い事なので言わなくても良いのですが、あえて言おう!

「正直、相武台前駅とか降りた事ねぇ!!」

なのでグルメ的にも、さして興味の沸かない地味な相武台ですが、新しいラーメン屋さんがオープンしたので食べに行って参りました。

『Rojiura Noodle 温麦』

onmugi-toku008_r

相武台前駅から徒歩3分弱、2016年末に新規オープンした『Rojiura Noodle 温麦』(以下、温麦)で御座います。

onmugi-toku010_r

店主は以前、町田の名店『一番いちばん』で働いていたので何気にメニューも似ていますね。なので看板メニューも『特中華そば』(950円)となり、『雲呑中華そば』(850円)などが続きます。

onmugi-toku011_r

まだ開店直後でバタバタしている為、とりあえずは麺も製麺所から買っているそうですが、店の奥にはすでに製麺する為のスペースを作っていて、後々は自家製麺に切り替えたいそうです。

onmugi-toku019_r

町田の『一番いちばん』と言えば”青竹”で打った自家製麺で定評があるので、是非とも自家製麺の方向で頑張って欲しいですね。

onmugi-toku018_r

カウンター席のみの潔い作りで御座います。

onmugi-toku021_r

今の所、卓上調味料は件の店でもお馴染みの”粗挽き胡椒”のみです。ここら辺も今後は変化があるかもですね。

『特中華そば』を食す!

onmugi-toku064_r

整いました。初見ではありますが『温麦』で最高峰のメニューとなる『特中華そば』で御座います。

onmugi-toku068_r

まあ、すでに『一番いちばん』で食べた事のある人であれば、この写真を見ただけでまるっとお見通しですが、あえて言おう!

「ほぼほぼ『一番いちばん』と同じビジュアルである!」

と……。まあ、修行先のラーメンに近いラーメンが出るであろうとは思っていたのですが、かなり寄せて来てますね。

スープもほぼほぼ似ているぞ!

onmugi-toku070_r

鶏ベースのスープも綺麗な清湯系のスープでして、名古屋コーチンの丸鶏や大山鶏を使っているとの事。

ちなみに醤油の方を変えているので、確かに今の『一番いちばん』みたいな尖った醤油の使い方ではありませんが、逆に言えば昔の『一番いちばん』の感じに近いかも知れません。

onmugi-toku069_r

油の加減や醤油の方も、お客さんの意見を取り入れながら試行錯誤している段階なので、この先まだまだ変化すると思うのですが、現状でもイイ感じではあると思います。

若干、最近は有名店の限定ラーメンとかで”丸鶏を豪快に使いまくった特別なラーメン”を食べていたので、やや鶏が弱いかなとも思うのですが、スタンダードなラーメンである事を考えると妥当なスープだと思います。

白河ラーメンを彷彿させる平打ち麺

onmugi-toku072_r

平打ちの太麺は加水率43%と高く、まさに白河ラーメンや喜多方ラーメンに近い感じですね。茹でる直前に”手揉み”でさらに縮れを加えるのもセオリーです。

onmugi-toku073_r

ここら辺、いわゆる横浜の”家系ラーメン”を軸に育った神奈川県民としては、微妙に麺の”固さ”に関して一言あるかもですが、コンセプトベースが白河ラーメンであれば、この柔らかさが正解です。

加水率を下げた細麺も食べてみたいスープではありますが、自家製麺を二種類用意すると手間も二倍になるので、方向としては今の麺で良いと思います。

具材もほぼほぼ『一番いちばん』である!

onmugi-toku067_r

そして気になる”特”な部分の具材ですが、これも盛り付け含めてほぼほぼ修業先のラーメンです。

onmugi-toku074_r

チャーシューは3種類、豚バラと豚モモと鶏チャーシューって感じで、鶏チャーシューのスモーキーさも『一番いちばん』に似ています。

onmugi-toku071_r

と、言う訳で筆者の好きなワンタン(雲呑)の出来も上々でして、やはり食べるなら『特中華そば』か『雲呑中華そば』で雲呑を狙いたい所ですね。

『Rojiura Noodle 温麦』 総評

onmugi-toku007_r

新店としては非常にソツなくまとまった感のあるラーメンでして、筆者的にも十分に満足出来る美味しいラーメンでした。

だが、しかし!

確かに修業先である『一番いちばん』に近いラーメンだとは思いますが、逆に『一番いちばん』を超える部分があるのかと言われると微妙な予感で御座います。

「寄せてはいるけど超えてはいない」

いや、そんな簡単に師のラーメンを超えられる訳がないし、逆に自分らしさを出し過ぎて修行先とまったく関係ないラーメンになっても困るのですが、今後はいかに”自分のラーメン”を作るかが肝になると思った次第です。

我が儘な話で恐縮ですが、食べる側は『一番いちばん』に似たラーメンで値段が同じなら、家からの距離次第ですが『一番いちばん』に行ってしまいます。

と、言う訳で微妙なダメ出し感のある記事になりましたが、流石に「修行先のラーメンを超えた!」とか嘘は書けないし、そう簡単に超えられる『一番いちばん』では無いので、こんな感じでまとまった次第です。

もっとも『温麦』はスタートしたばかりで、これからどんどん変わって行くラーメン屋さんだと思うので筆者的には期待しています。

それでは、是非みなさんも『温麦』の美味しいラーメンを食べてみて下さい。

『Rojiura Noodle 温麦』

住所:神奈川県座間市 3-42-23

営業時間 11:30~14:30 18:00~21:00

定休日:未定

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。