体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ2期決定! 『ドリフェス!』KUROFUNEが通う高校は男子校・戸谷公人の父親は大物声優 小ネタ満載イベント乗船レポ

img_3585r

アニメ最終回を迎えると同時に、2ndシーズンの制作決定が発表された2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』。DearDreamの最大のライバルとしてアニメ本編でも勢いを増すKUROFUNEの初イベントに潜入。

11月13日にシネマート新宿で行なわれた『KUROFUNE 結成!!記念イベント』に乗船してきました!

img_3165

イベントには、KUROFUNEの2人、風間圭吾を演じる戸谷公人さんと黒石勇人を演じる株元英彰さんが登場。アニメのシリーズ構成を担当する加藤陽一さんと一緒にアニメやそれぞれのキャラについてトークしました。

img_3213

アニメのKUROFUNE結成回の第7話を生コメンタリーで上映。加藤さんから、「本編冒頭の踏切の警報音の演出は、DearDreamに対する警報を表している」、「BGMもハードで、とにかくDearDreamのキラキラ感との差別化を意識した」など、キャストも知らないような細かな演出が明かされます。

圭吾の部屋にあるダンボールに書かれた「台本いろいろ」の文字は、実際に戸谷さんが書いた文字なんだとか!

KUROFUNEの開国情報!

<開国情報>としてそれぞれのキャラの詳細設定も一部明かされました。

img_3404

・圭吾と勇人が通っている学校は男子校
7話では学校のシーンが多いですが、たしかに男子生徒しか登場しませんでしたね。

・勇人の間借りしている祖母の家にはうさぎがいる
株元:ゲームでもいつきとの会話で、お菓子のモナカの包み紙を見て勇人が「おい、それなんだ?」って言って、包み紙がうさぎだから気にいるって話があるんですよ。「うさぎが一番イカすだろ」って台詞がある。

<祖母の家を間借りしている設定について>
加藤:
勇人は高3になってから神戸から上京してきたんです。ちなみにその前、小6まではイギリスにいました。なぜ彼が音楽を好きなのか、というのもそこら辺にあるんでしょうね。

・圭吾は本当はラーメンが好き
戸谷:割りとなんでもいけるんですよ。夜はとんこつとか、朝はさっぱり醤油、塩とか。……って設定かは知らないです(笑)。

さらに、「あなたのためなら即位する」という圭吾の決め台詞は、「明日決め台詞の締め切りですって言われて出てきた言葉です」と加藤さん。

戸谷公人の父親は声優だった!

――2人は俳優さんとして活動していますが、声優をやってみていかがですか?

株元:もうアタフタしてましたよ、本当に(笑)。俳優としての演技とはやっぱり違うから難しくて。周りにいる声優さんとかもすごいから、どうにかして盗もうとするんですけど、自分のフィールドが違うと緊張もしちゃうし、まだまだ特訓が必要かなって思っています。

――先輩たちの技術はすごいですか?

株元:すごいですよ。DearDreamはそういった(声優という)意味では先輩ですから。すごいなと思って。チヅとかすごいなーって思って。

戸谷:あんな声は絶対出せないですけどね! どこから出してるんだろう、って思うよね(笑)。

株元:チヅだけはマネできないね。慎とかは(声マネをしながら)「バイカル湖」とか(笑)。

img_3459r

――けっこうアフレコのときってお互いのマネをしてますよね。

株元:太田くんとかけっこうしてますね。

戸谷:(太田)将熙は後ろでうるさいですね~。もうセリフを言うたびにマネして。

株元:将熙は、俺らだったらいいけど、他の演者さんのセリフも言いたがっちゃうから、「お前、それはやめとけ」って止めたり。本人に悪気はないんですけどね。

img_3307

――戸谷さんはお父さんが声優(戸谷公次さん)だったんですよね?

戸谷:『北斗の拳』のジャギとか、たぶん若い世代の方はわからないと思うんですけど、40代近くの方ならわかる方がいると思います。父は僕がちょうどこの業界に入ったくらいに亡くなったんです。

正直、『ドリフェス!』のお仕事を貰うまで、声優というお仕事とは距離を置いていたんですよ。やっぱり父がやっている仕事なので、怖いし大変なプレッシャーもあるしというところで。でも今回の仕事の話をいただいたときに、「あ、これは親父からのパスかな」みたいな。「やれよ」って言ってくれているのかな、と感じたので。そういった意味で声優に対して覚悟はあると思います。

――お父さんの仕事をやってみてどうですか?

戸谷:なんか不思議なんですよね。『ドリフェス!』チームの中にも父と仕事をしていたスタッフさんがいたりするので、すごい運命に導かれた感じはします。もちろん俳優としても今後もやっていきたいですけど、声優のお仕事もできたらいいなと思っています。

img_3605r

――KUROFUNEの2人に似ているなと思うところはありますか?

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。