ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマスにちょっと知っておくと面白い豆知識

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

そろそろまたクリスマス・シーズンです。というより、すでに街中はクリスマス・イルミネーションやクリスマス商戦やらでにぎわっています。
この“クリスマス”について、少しだけ面白い豆知識を今年は仕入れておいて、パーティーなどで薀蓄(うんちく)を披露してみてはいかがでしょう。

クリスマスは12月25日?

これは実に素朴な疑問です。キリストが生まれた日が25日だから、前夜祭の24日を“イブ”として祝っているのですが、実は、キリストの誕生日は“不明”。諸説(10/1、5/29、4/19、3/28、1/6)ありますが、いずれにしても、“12月”ですらない。もともと、バラバラだったので困った法王庁が、ローマの太陽神崇拝の祝日に合わせて“決定”したのが12月25日。

ちなみに、生年も、当時の暦のカウント方法がいい加減だったため、実は紀元前8年から紀元6年の間という推定。紀元前(BC)って、ビフォー・クリスト、つまりキリスト生誕前って意味ですよね? それなのに、キリスト生誕が、紀元前だったり紀元後だったりというのは……。

どうして“イブ”にお祝いなのか?

“イブ”を前夜祭だから、としてお祝いしていると思いますが、実はそういう理由ではなく、当時は日没とともに日付が変わる、とされていました。そのため、24日の夜は、25日扱いだったということです。だから、24日の昼間っからお祝いするのは、おかしいことになります。

X’masとは?

キリスト(christ)を礼拝(mas)するのに、なんで“X”を用いるのかと思ったことありませんか? これは、キリストのギリシャ語表記が“Xristos”だからです。

日本のクリスマスはいつから?

古い記録では戦国時代の1552年からとされています。しかし、これほど盛んになったのは、60年代高度成長期。サラリーマンがキャバレーなどでクリスマスにかこつけてホステスたちと大騒ぎしたものが、不景気で“家”での行事に移行したものという俗説があります。昔の漫画などで、クリスマスの夜に酔っ払いサラリーマンがパーティー用のとんがり帽を頭にフラフラ帰ってくる姿が描かれていますが、あれがクリスマス=パーティーとなった走りだとか。今では66%の人が“家でのクリスマス”だそうです。

クリスマス・プレゼントはいつ渡す?

これも国によっていろいろとあります。12月6日のところもあります。日本の12月25日は、イギリス・バージョンみたいです。これがアメリカ経由で日本に定着したものです。

子どもにとっては素晴らしい日なのですが、国によっては1年間良い子にしていた子どもだけがクリスマス・プレゼントをもらう権利があるとして、悪い子には、プレゼントに“石炭”を送る風習もあったようです。悲しいクリスマスですね。自業自得ですが。もっとひどい場合、木の枝で打たれるケースもあるそうで、クリスマスが恐怖の日に暗転することもあるとか。とんでもない悪い子なんでしょうね。

サンタの服はなぜ赤色か?

これを決めたのは、なんとコカ・コーラ社です。それまでは、サンタは妖精だったり、子どもだったり、コスチュームもまちまちでした。それをコカ・コーラ社が、自社のイメージ・カラーの“赤”を全面に出してのマーケティング戦略を展開し、世界的にサンタの服は“赤”になったのだとか。ただこれは俗説なので、物知りから突っ込まれる可能性もあります。コカ・コーラの宣伝は1931年ですが、それ以前にも赤服サンタは存在しているのです。キリスト教の司祭服由来、というのが正式見解。ただ世界的普及効果はコカ・コーラの戦略という見方です。

そもそも、クリスマス・カラーは“赤”と“緑”なのですが、この“赤”が象徴するのは、キリストが十字架で磔刑(たっけい:はりつけの刑)に処されたときに流した“血”です。

リースって何に由来?

クリスマスに玄関口などに掛けるリース飾り。正月の松飾なみに日本でも盛んに飾られていますね。しかし、なんと、これは、ある意味で、拷問器具。十字架のキリスト像をよく見ると、頭に冠を被っています。これは、実はイバラで、そのトゲが頭に刺さる苦痛を味わわせるためのものです。それが転じ、魔除けとしてヒイラギの葉が飾られることになったようです。

そもそも十字架自体が、磔刑(たっけい)の刑具なわけですから……。

「きよしこの夜」はいつから歌われたのか?

この讃美歌は、1818年に作曲されたもの。オーストリアのある教会で、クリスマス前日にオルガンが壊れて、あわててギター伴奏で歌えるものとして作曲を依頼されたグルーバーが、「ギターじゃまずいだろ?」と思いつつも急いで書き上げた曲です。それが、どうして全世界に広まったかというと、あのドレミの歌で有名な映画『サウンド・オブ・ミュージック』にも出てくるトラップ一家が、亡命先のアメリカで、トラップ・ファミリー合唱団としてコンサート・ツアーをして、十八番だったこの曲が大評判となって、広まったものです。

クリスマスは祝日にならないの?

12月23日が天皇誕生日ですし、その日が休日ならば24日にずれて、このクリスマスが祝日になれば3連休。しかも、25日給料日のサラリーマンなら25日が祝日になれば給料日も24日になり、イブの資金繰りが助かる、という人も多いでしょう。ですが、これは無理。憲法に“政教分離”があるので、かなり難しいのです。

クリスマスはいつまで?

当然、日本では、25日にはすぐにツリーもリースも撤去ですよね。イルミネーションはそのままのところも多いですが。すぐに正月飾りの準備という具合に、日本は和洋折衷で忙しいのが通常です。しかしドイツやフランスでは1月6日までがシーズンになっていて、その日まで飾りも撤去しません。

キリスト教徒でもないのに、メリー・クリスマスって?

「メリークリスマス!」と乾杯するたびに、心のどこかで、「キリスト教でもないくせに……」と思ってしまう人は多いと思います。でも、クリスマスは“愛を与える日”として成立しています。不特定多数の人への無償の愛です。他者への親切や慰労や援助、そんな気持ちや行為を尊ぶという心が宿っている人はすでに、日曜礼拝に行かなくても、洗礼を受けていなくても、聖書を読んでいなくても、立派な“キリストの愛の申し子”です。堂々とお祝いしましょう。

※画像:『写真素材 足成』より
http://www.ashinari.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「pape.佐野」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
30年のサラリーマン生活後、心理カウンセラーとしてNPO法人東京カウンセル設立、無料のメール・カウンセリングを行っています。「無料」そして「匿名メール」という気楽さから、多種多様な年齢層の恋愛問題から精神疾患まで、現代の「悩み」「トラブル」「精神医療の実態」全般に精通しています。日々の事件報道も、関わる個人の心理に踏み込んで行くと、物事の真相が理解でき、また悪いことも善いことも、共感の中に消化できるものです。少し違った視点からの記事をアップしていきたいと思います。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP