体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メタルフィギュア『メタコレ』と『トミカ』に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』関連製品がズラリ登場

メタルフィギュア『メタコレ』と『トミカ』に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』関連製品がズラリ登場

12月16日から公開中の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(以下『ローグ・ワン』)。海外製のフィギュアは公開前からラインアップが充実していましたが、公開に合わせて国内メーカーの製品も続々と発売されています。タカラトミーは手のひらサイズのメタルフィギュア『メタコレ』と、劇中に登場するビークルをダイカスト製ミニカーにした『トミカ スター・ウォーズ』で、『ローグ・ワン』関連9製品を11月末に発売。プラスアルファの1製品を合わせて、まとめてご紹介します。

『メタコレ』は6製品をラインアップ

rogueone_metacolle2 rogueone_metacolle3

まずは『メタコレ』のラインアップから。本作の帝国軍側の注目キャラクター、デス・トルーパーは、通常兵の『デス・トルーパー』、装備が異なる『デス・トルーパー スペシャリスト』を製品化。肩や胸のプロテクターの有無、ヘルメット形状の違いを忠実に再現しています。

rogueone_metacolle4

2種類ともそろえて、部隊として並べて飾りたくなります。

rogueone_metacolle5

反乱軍側の注目キャラクター、主人公ジン・アーソらが所属する“ローグ・ワン”と行動を共にするドロイド『K-2SO』もラインアップ。

rogueone_metacolle6 rogueone_metacolle7

帝国軍からは、ほかに惑星スカリフで沿岸を警備する『スカリフ・ストームトルーパー』、アストロメク・ドロイドの『C2-B5』もラインアップしています。特に『C2-B5』の商品化は珍しく、R2-D2以外にもR2-Q5、R2-A6、R2-C4、R2-M5の各種アストロメク・ドロイドを商品化してきた『メタコレ』ならではの製品。

rogueone_metacolle8

『ローグ・ワン』はラストシーンがエピソード4につながっていくストーリーであることから、『ダース・ベイダー(ローグ・ワン)』はエピソード4に近い造形を再現して製品化しています。『メタコレ』の価格は各1000円(税別)。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会