体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本人志の新作バラエティもあるって知ってた? 『Amazonプライム・ビデオ』に日本オリジナルの注目作品が続々[PR]

amazon3

「海外で話題になっているアレ、国内でも早く配信してよ!」なんて思う暇もなく、日本オリジナルの作品が大充実している『Amazonプライム・ビデオ』。日本が世界に誇るコンテンツやネット配信ならではの“攻めた企画”を独自のノウハウで発信しています。

今回は、現在配信しているオススメ作品から今後注目の配信予定作品まで、『プライム・ビデオ』の日本オリジナルコンテンツをピックアップして紹介します。

『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』

Documental

プレゼンターの松本人志(ダウンタウン)が「テレビでできないことをやりたかった」と語るAmazonオリジナル番組『ドキュメンタル』。「本当に面白いことだけをやる場所」として選んだ『プライム・ビデオ』で、地上波のバラエティから無駄な部分を一切取り除いて考案したのが“密室笑わせ合いサバイバル”です。

制限時間6時間。10人の芸人たちが自ら参加費100万円を用意し、密室の中であの手この手を使って笑わせ合う。最後まで笑わずに生き残った1人が破格の賞金1000万を手にします。年収もバラバラの芸人たちが100万円を失うかもしれない状況で必死に笑いをこらえる。その“メンタル”を“ドキュメンタリー”として記録したのが『ドキュメンタル』なのです。

main

栄えあるメンバーに選ばれたのは、宮川大輔藤本敏史(FUJIWARA)、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、斎藤司(トレンディエンジェル)、アントニー(マテンロウ)、川原克己(天竺鼠)、ジミー大西大地洋輔(ダイノジ)の個性豊かな10人。誰が一番面白いかを決めるうちに、個々の性格が露わになっていく様が非常に新鮮。テレビでは見せない“悪~い部分”がたっぷり映ってしまっています。

現在までに第3話が配信されており、次回12月21日(水)更新の最終話で遂にクライマックスを迎えます!

仮面ライダーアマゾンズ

amazons_main

シーズン1全13話が大きな話題を呼び、シーズン2の制作も発表されている『仮面ライダーアマゾンズ』。ひと言で表現すると、ニチアサの『仮面ライダー』とは全く違う!

製作プロデューサーで東映取締役の白倉伸一氏が、「いまだに42年前の第4作(『仮面ライダーアマゾン』)がシリーズ最大の異色作というのはいかがなものか」「キバを抜かれた仮面ライダーにトゲをもたらしたい」と語った意欲作。『仮面ライダー』を知らない人が観ても、「生きるとは?」「正義とは?」という根源的な問いを突き付けられる重厚なヒューマンドラマとして楽しめるハズです。シリアスでハードなストーリー展開は昭和ライダー世代や初期の平成ライダー世代を熱くさせ、逆にゴーストでエグゼイドなキッズたちは目を丸くすることでしょう。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy