体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伊藤桂司 × 佐藤ブライアン勝彦による初の二人展を開催

生活・趣味

005_up
2016 年 12 月 2 日(金)から 2017 年 1 月 15 日(日)まで、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦による初の二人展「Alligatoo Boogaloo アリガトーブーガルー」を開催。これまで 20 年来の交流を続けてきた、伊藤桂司と佐藤ブライアン勝彦。年齢や出身などバックグラウンドの相違にも関わらず、両氏の創作姿勢には「周囲のあらゆる情報をニュートラルに受け入れ、イメ ージのコラージュを行い、作品に投影する」という共通点がある。 両氏はいずれも、様々な時代のアイコンや不特定多数のキャラクターをモチーフとして選び、それらを 重ね、削り、歪ませ、結合する=コラージュ作業を行うことで、現実と非日常が混在した作品を制作している。 本展では、二人の共通する手法である「コラージュ」を軸に、大小・新旧のコラボレーション作品と、 それぞれのソロ作品、合計約 20 点を発表予定だ。
初日の 12 月 2 日(金)19 時よりオープニング・レセプション行うほか、会期中は関連イベントを予定。会場では、展覧会をモチーフにした飲食メニューを用意されている。
Kundalini_up
004_up
003_up
001_up
002_up
© Keiji Ito, Sato Brian Katsuhiko

 

【プロフィール】
伊藤桂司(いとう・けいじ)
1958 年、東京生まれ。グラフィックワーク、アートディレクション、映像を中心に活動。2001 年度 東京 ADC 賞受賞。
ロッテルダム映画祭、「Active Wire」(ソウル:Haja Center)、「CLOSE UP of JAPAN 展」(ブラ ジル:サンパウロ美術館)、「Buzz Club-News from Japan」(ニューヨーク:P.S.1 / MoMA)、 「Art Stage Singapore 2014」(Marina Bay Sands)をはじめ国内外のグループショウに多数参 加、ギャラリー360°等での個展多数。 テイ・トウワ、スチャダラパー、バッファロー・ドーター、木村カエラ、キリンジ、PES、高野寛、 ohana、オレンジペコー、東京ザヴィヌルバッハ、ボニー・ピンク、愛知万博 EXPO2005 世界公式ポ スター、コカコーラ・コーポレイトカレンダー、NHK の番組タイトル&セットデザイン、阪急うめだ 本店 メイン・ウィンドウ、SoftBank やイギリスのクラヴェンデールなどのキャンペーンヴィジュアル 他、活動は多岐に渡る。作品集は『LA SUPER GRANDE』(ERECT LAB.)、『TAPES – SUPER CASSETTE SOUNDS 2』 (UFB)他多数。京都造形芸術大学教授。UFG 代表。
http://www.site-ufg.com

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会