ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『関ジャム完全燃SHOW』槇原敬之と冬の名曲セッション、お気に入り若手バンド解説も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『関ジャム完全燃SHOW』槇原敬之と冬の名曲セッション、お気に入り若手バンド解説も

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が12月4日に放送。ゲストに槇原敬之を迎えてトーク&セッションがおこなわれた。

 スタジオトークでは、槇原が刺激を受けているというback number、RADWIMPS、BUMP OF CHICKENの若手バンド3組の魅力を徹底解説。それぞれの“胸キュンポイント”や“嫉妬するほどの才能”などを日本を代表するシンガーソングライターである槇原ならではの視点で熱弁した。さらに自身が手がけたSMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」について、驚きのエピソードも。基本的には曲は降りてこないという槇原だが「世界に一つだけの花」だけは違ったそうで、ある朝、突然頭の中に「紙芝居のように光景が降りてきた」とか。その光景を歌詞として書き起こし、メロディーをつけるまでにかかったのは、なんとわずか1時間だったことも明かし、スタジオのメンバーを驚かせた。また、自身のソングライティングに影響を与えたアーティストとしてオフコースの名をあげ、歌詞の中に絶妙に登場する風景描写の素晴らしさなども解説した。

 この日のジャムセッションは槇原の1991年大ヒット曲「冬がはじまるよ」。槇原を囲むように安田、渋谷、錦戸のギター&ボーカル陣が立ち、大倉がドラム、村上がキーボードで参加した。前半は槇原の歌声と詞の世界観を最大限にフィーチャーするジャジーなサウンドで、また2番のAメロは槇原にかわって安田がメインボーカルを務め、心温まる歌詞をギター片手に笑顔で優しく歌い上げた。「ちょっとオシャレなフィーリングに仕上がった。」と槇原も今回のアレンジには満足げ。セッション終了後、メンバー全員に向けて丁寧に拍手を送っていた姿が印象に残った。次回の『関ジャム完全燃SHOW』は12月18日放送予定となっている。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~※一部地域を除く

関連記事リンク(外部サイト)

槇原敬之 2年ぶり待望のオリジナル・アルバムをリリース
『関ジャム完全燃SHOW』久保田利伸が“謎のラッパー”TAKATSU-KINGの「タメ」を絶賛、新曲で夢の共演も実現
『関ジャム完全燃SHOW』丸山がZeebra、R-指定と番組史上初のラップセッション

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。