ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画で破壊された都市の被害額ランキングが発表 1位は20年ぶりのあの続編![PR]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アクション映画といえばド派手なバトルや爆破シーンが欠かせません。時に、有名なランドマークが無残に崩れ落ちたり、世界の主要都市が壊滅状態に陥ったり……、実際に自分の街がこんな被害に遭ったら恐ろしいですよね。

ところで、怪獣や宇宙人の襲撃、はたまた地球を救おうとするヒーローたちによる被害額を計上すると、一体どのくらいに及ぶのでしょうか? そんな気になる被害額を調査・比較したインフォグラフィックが『infogra.me』で公開中。トップ3を紹介します。

推定被害額=(東京区部1㎢あたりの被害額)×破壊された地域の面積×破壊された地域の地価係数(東京を1.0とする)
※東京区部1㎢あたりの被害額:内閣府が公開している首都直下型地震における推定被害額(直接被害47兆円)から東京区部の被害額を32兆円とみなし区部総面積で割ることで算出。

第3位:『アベンジャーズ』/被害総額:40兆7225億8064万5161円

マーベルのヒーロー大集合映画a.k.a.「地球を舞台にした神々の兄弟喧嘩」が第3位です。雷神ソーの義弟ロキが劣等感をこじらせた挙句、チタウリ(好戦的な異星人兵)の大軍をニューヨークの街に召喚して大混乱に(ついでにハルクも負けじと大暴れ)。東欧の小国をめちゃくちゃにした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や、世界中を飛び回った『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を抑えてのランクインです。やはりニューヨークの地価はハンパないですね。

第2位:『X-MEN:アポカリプス』/被害総額202兆5548億3870万9677円

同じくマーベルから『X-MEN』シリーズの最新作が第2位にランクイン。ミュータントの始祖にして無敵を誇るアポカリプスが登場し、オープニングからエジプトの巨大なピラミッドが倒壊。アポカリプスに操られた磁力最強おじさんことマグニートーによって、世界中の建造物が空中へと舞い上がり、各国の都市は次々と壊滅しました。こんな事件があっては、人間とミュータントの平和的共存なんて困難ですよね……。

第1位:『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』/被害総額:376兆7483億8709万6774円

前作から20年の時を経て何から何までド偉くスケールアップした『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が堂々の第1位に! まぁ、観た人誰もが「そりゃ、そうだ」と思うでしょう。再び地球に襲来したエイリアンの新型宇宙船は、アメリカ合衆国全土を覆う驚きのサイズへと巨大化。重力すらも自在に操り、自由の女神、エッフェル塔、ビッグベンなど、世界各国のランドマークが次々と上空に舞い上がります。どうやったってお手上げ、白旗、ギブアップですよ。ところがどっこい、エイリアン相手に一致団結した地球人は強かった……! 果たしてどんな結末が待っているのか、読者の皆さんには是非その目で確かめてみて欲しいです。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』デジタル配信中/ブルーレイ&DVD/4K ULTRA HDリリース(YouTube)
https://youtu.be/5fdpMYlfSL0

なお、同ランキングには、東京を火の海にした『シン・ゴジラ』や、特別ゲストとして“あの引退したばかりの太眉の警察官”も登場していますよ!

<参照>
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』:
http://www.foxmovies-jp.com/idr/

『infogra.me』:
https://infogra.me/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP