ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの“アスキーアート”が美ポスターに!Xmasギフトにいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタル世代にすっかりおなじみの“絵文字”は、今や“emoji”として世界中の人に使われている。

先月10月26日、ニューヨーク近代美術館(MoMA)では、1999年にNTTドコモが携帯電話向けに開発した176種類の「絵文字」を収蔵品に追加したという。

ハート、傘、上向き矢印など、携帯電話世代なら誰でも1度は見たことがあるものばかり。懐かしくもあるし、いまだ現役感もある。

・あの“アスキーアート”を美しいポスターに!

絵文字と同じく、掲示板などで一世を風靡したのがアスキーアート(ASCII art)。テキストや記号を上手に組み合わせて完成する視覚的表現は、もはや芸術的といってよいレベルのものもある。とはいえ、ビットマップ方式が採用されて以降、アスキーアートは下火に。

「あの懐かしい“美”をもう1度かたちに」という願いをかなえてくれるのが、「ASCII Prints」だ。日本語混じりのものも含んだ完成度の高い顔文字、絵文字のアスキーアートを、リアルのポスターにするサービスである。

・世界に配送可能、クリスマスギフトにいかが?

モノクロ暗部の微妙なトーンを再現する、Epson UltraChromeという大判インクジェットプリンターを用いてプリント。

Epson Ultra Premium Luster Photo Paperマット仕上げ紙は、インクの発色がよく、指紋がつきにくいのが特徴で、美しい仕上がりが期待できる。

価格は25ドル(約2770円)~+配送料金で世界各国に発送可能。デジタル好きなあの人へ、クリスマスプレゼントにいいかも?

ASCII Prints

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP