体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】3学期-2 セブからプチトリップ!レイテ島に行ってみた

00-2016-11-19-15-12-41_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。

第14回目はせっかく留学しているので、セブからプチトリップにでかけることにした。
フィリピンは日本と同様に多くの島からなる海洋国家であり、多くの美しい島々を持つ。
留学生は週末を利用してセブ市内の観光や買い物だけではなく、美しい観光名所でもあるセブの向かい側のボホール島に出かけたり、少々遠くても飛行機で島めぐりをしたりしている。
もっともQQ Englishでも有料でアイランドホッピング等のツアーを実施しているので、そちらに参加するという手もある。
記者は今回、美しい島々を訪ねる観光旅行ではなく、レイテ島に行くことにした。

01-2016-11-19-10-10-08_r

ドミトリーの前からジープニーに乗車して、以前の記事で紹介したコロンストリートで乗り換えてやってきたのはセブ港。港を表す英語はPortやHarbourなどがあるが、当地ではPierを使用している。港というよりも桟橋といったニュアンスだ。
しかし、ピアーが1から8まであるようなのでどこに行ったらよいのかは、あらかじめ利用する船舶会社のホームページ等で調べておく必要がある。行先別ではなく会社別でターミナルが分かれているので注意を要する。

02-2016-11-19-10-09-53_r

記者が往路に選択したのはオーシャンジェットという高速船を運行する会社だ。フェリーもあるのだが4時間以上かかるし、夜発で深夜着の便しかないので利用しにくかった。
ターミナルのわきに会社別の乗船券売り場があるので、ここで氏名と年齢、行先を告げて購入する。

03-2016-11-19-10-11-40_r

ビジネスクラスというのがあるそうなので、数百円違いであればということで、ビジネスクラスを購入する。
運賃は1200ペソ。

04-2016-11-19-10-10-33_r

乗船券を購入したら、ターミナルに入る。

05-2016-11-19-10-11-54_r

入ったところにターミナル利用料を支払うカウンターがあるので25ペソを支払う。
乗船券には含まれていないので、面倒だが別払いだ。

06-2016-11-19-10-13-02_r

利用料のチケットがステープラーで乗船券に留められて戻ってくる。

07-2016-11-19-10-13-31_r

今度はセキュリティチェックだ。
空港とほぼ同じ仕組み。

08-2016-11-19-10-15-13_r

しかし、これで乗船できるわけではない。
さらにチェックインをしなければならない。
乗船券は単に便の指定を受けただけで、座席の指定は受けていないただの乗船券だったのだ。
つまり、ここで航空機のボーディングパスに相当する指定券を付けてもらわなければならないのだった。
これを忘れると、ゲートで追い返されるのでチェックインが必要だということを覚えておくとよい。

09-2016-11-19-10-16-17_r

チェックインが終わると、座席指定券が乗船券に留められてようやく手続きは完了。
お姉さんが、ゲートナンバーは8番だと教えてくれたので、指定されたゲートへ向かう。

10-2016-11-19-10-15-56_r

搭乗待合室でボーディングを待つのは空港と同じ。

11-2016-11-19-10-37-55_r

折り返し便の旅客が下船してようやくボーディング。
チケットはもぎり方式だが、雰囲気は限りなく空港に近い。

12-2016-11-19-10-39-49_r

ビジネスクラスはアッパーデッキなのでアップステアーという案内を受けてビジネスクラスの船室に向かう。
要は2階なので、階段を上がれということ。
写真は「立ち入り禁止 ビジネスクラス旅客のみ」という意味だ。

13-2016-11-19-10-40-37_r

ビジネスクラスの座席は、なかなか豪華なもの。日本の鉄道に例えるなら山陽新幹線の700系7000番台レールスターの普通車指定席、在来線特急列車のグリーン車並みの座席。

14-2016-11-19-10-46-53_r

読書灯やエアコンの吹き出し口は航空機に酷似していた。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。