ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リモコン地獄から脱出しよう!スマートホームのリモコンは「Smart Remote」コレ1つで!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SmartRemoteIoTツールが普及し、スマートホーム化が進む私たちの生活。テレビのリモコンはコレ、オーディオのリモコンはまた別……と、リモコン地獄になってはいないだろうか。

・スマートホームツールを1つのリモコンで操作!

「スマートツールをリモコン1つで操作できたら」そんな私たちのニーズに応えてくれるのが、Sevenhugsが開発中の「Smart Remote」だ。

クラウドファンディングサイトKickstarterで、目標金額5万ドルのところ、41万ドル以上の資金を集める注目ツールである。

家中のテレビ、メディアプレイヤー、ライト、スピーカー、温度計など、操作したいデバイスに「Smart Remote」を向けると……あら不思議、「Smart Remote」に搭載されているHDタッチスクリーンに、そのデバイスの操作画面が現れる。

・特許申請中の3D空間追跡技術

SmartRemote2これには同社の“Point & Control”という特許申請中の技術が用いられている。

長く研究されてきた“屋内位置情報システム”と、9軸モーションセンサーを組み合わせることで、「Smart Remote」の正確なポジション、方向を追跡し、これらの取得情報から自身が3D空間のどこに存在するのか把握する。

・2万5000点以上のツールに対応

Wi-Fi、Bluetooth、赤外線通信対応のデバイスなら何でもコントロールすることができ、その数は2万5000点以上に上る(サイトのFAQに記載)。

また、例えばリビングのライトを全部一気に操作したい、なんてニーズもあるだろうが、ライトをグループ分け設定することができ、オンオフの切り替え、明るさの変更、カラーチェンジなどもまとめておこなうことができる。各種設定は「Smart Remote」専用アプリからおこなおう。

・セットアップも簡単

「Smart Remote」の使い方は以下。

SmartRemote3まず、専用アプリをダウンロード。次に、部屋の壁など、好きなところに専用センサー3つを設置する。

お互いに視覚的にライン上に、理想的には違う壁の2メートルの高さで、できるだけ離して設置するのが望ましい。

3つのルームセンサーで、最大100平方メートルをカバー可能。

最後に、アプリ内でどのデバイスと同期させるのかなど、詳細な設定をおこなうだけ。

・リモコン自体が見つからないときは?

よくリモコンそのものを見失ってしまう人もいるのでは? そんな人のために便利な機能が用意されていて、センサーのボタンを押すと、リモコンから音が発せられ、在り処を教えてくれる。これがあれば、一気にスマートホーム生活が快適になりそうだ。

Smart Remote

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。