ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本市場1万2000本限定の『ジャック ダニエル』だ! 『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』が登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アサヒビールは、ブラウン・フォーマン社が製造するテネシーウイスキー『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』(瓶1000ml)を2016年11月15日(火)に発売しました。


『ジャック ダニエル』は、1866年に連邦政府に登録されたアメリカで最も歴史のある蒸溜所。今年創業150周年を迎え、『ジャック ダニエル』ブランドではこれを記念した様々な取り組みを展開しています。

『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』は、創業150周年記念の集大成として、マスターディスティラーが中心となりすべての工程にこだわってつくり上げた商品。

より豊かな香りを引き出すために、熟成樽をゆっくりと時間をかけて“トースト”し、後工程の“チャー”の時間を短く仕上げた樽を使用するのが製法上の特徴。トーストは、樽にじっくり熱を通すことで、木材の中からバニラやキャラメルなどのフレーバーや甘みを引き出す『ジャックダニエル』蒸溜所の独自の工程です。この後、樽は内側を燃やして焼く“チャー”と呼ばれる工程を経由します。



『ジャック ダニエル ブラック』と同じ原酒を、サトウカエデの炭でろ過する“チャコール・メローイング”を施した後、50度に加水した上で樽詰めし、さらに日照時間が長く、寒暖の差が大きいことから出来のいい樽が最も多く輩出される“Coy Hill”にある「天使のねぐら」と呼ばれる貯蔵庫の最上階で熟成します。


ボトルと専用ギフトボックスには、金色の『ジャック ダニエル』オリジナルロゴと「150」の数字をデザイン。日本市場では1万2000本の限定発売予定となります。

『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』をテイスティング


キャラメルやトフィーのような甘い香りと、上品で豊かなコクとスムーズな味わいが特徴。

樽の製法だけでこんなに味わいが違うのだなぁ~。としみじみテイスティング。

ウイスキーの華やかな香りが口の中に広がります。

本場はどう飲む? 『ハンバーガー×ジャックダニエルコーラ割』が絶品


そのままでももちろん美味しい『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』ですが、割り方や食べ合わせ方を紹介。

本場ジャックダニエルの蒸溜所へ行ったアサヒビール広報さんに伺ったところ、「本国(アメリカ)で行われた150周年記念イベントでは、『ジャックソーダ』(ジャックダニエルソーダ割り)や、『ジャックコーラ』(ジャックダニエルコーラ割)にハンバーガーを合わせて提供されました。流石アメリカらしい組み合わせだったのですがアメリカのハンバーガーはお肉も肉感しっかりで、日本のプレミアムハンバーガー的な味わいでした」とコメント。ウイスキーを飲みなれていないひとはトライしてみてはいかがでしょう。


そのほかスイーツでは、焼いたマシュマロと合わせてもマル。


特別な樽づくりからこだわった『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』。2016年11月15日(火)より発売です。

商品概要

商品名:『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』
品目:ウイスキー
容器・容量:瓶・1000ml
アルコール分:50%
発売日:2016年11月15日(火)
発売地域:全国
価格:オープン価格(参考価格:15000円)
販売予定数量:12000本

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP