ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、開発者向けにセーフブラウジングの特設サイトをオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は、WEB サイトの脅威を検知してユーザーを被害から守る「セーフブラウジング」機能の特設サイトをオープンしました。セーフブラウジングは、ネットサーフィン時に WEB サイトに埋め込まれた不正プログラムやフィッシングの仕掛けなどの WEB の脅威を検知し警告を発することで、ユーザーのアクセスを未然に防止し、被害を減らす機能です。Chrome を利用していると上図のようなページが表示されることがありますが、これがセーフブラウジングの警告です。新たにオープンした特設サイトには、セーフブラウジングが導入された Chrome や Gmail、Google アプリなどのモバイルアプリや各アプリが提供している防御機能が紹介されています。また、WEB サイト向けのポリシー、WEB マスターやアプリ提供者向けの情報のほか、Search Console ヘルプサイトへのリンクも設置されています。Google は Android アプリの開発者向けに、Chrome で提供しているクライアントサイドのセーフブラウジング機能を外部のアプリ向けに開放しており、それを利用するための API に関する技術資料も公開しています。Source : Google

■関連記事
Google、Daydream用のYouTubeアプリ「YouTube VR」をリリース
Android版「Adobe Lightroom Mobile」で外部カメラからRAW画像をインポートすることが可能に
NTTドコモ、5G回線を利用したVRコンテンツの配信実験をスカイツリー周辺で2017年に実施へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP