体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コラボTシャツ発売記念! 「人間椅子」ナカジマノブ×「ハードコアチョコレート」MUNE “対談”インタビュー

IMG_1694

現在ワンマンツアー「地獄の季節」で全国でファンを熱狂させているロックバンド『人間椅子』。物販にて新作Tシャツが販売中です。

Tシャツ赤

そのTシャツとはこちら! 漢字表記でおなじみの人間椅子がローマ字表記となった「NINGENISU」ロゴ、デカデカとプリントされた3名の顔、ギター・ベース・銅鑼! 着るだけで、人間椅子の楽曲が耳に轟いてくる様なデザインとなっています。

Tシャツ紫

こちらのTシャツを制作したのは、ホラー・カルト映画や往年の名作映画、プロレスからアニメまで、様々なジャンルを自らのブランドカラーに染め上げるアパレルブランド「ハードコアチョコレート」(通称:コアチョコ)。ライブ会場で購入出来る「レッド」とコアチョコ限定カラーの「パープル」という2色展開となっています。

IMG_1699

今回、この世紀のサブカルコラボを記念し、人間椅子のドラム・ナカジマノブ氏と、ハードコアチョコレート創業者であり全てのTシャツデザインを手掛けているMUNE氏の対談が実現! Tシャツデザイン秘話から“イカ天”話、好きな酒と肴の話まで、ここでしか読めない貴重なエピソード満載です。

人間椅子×コアチョコ! 世紀のコラボのきっかけは?

―まずお聞きしたいのが、今回人間椅子のTシャツをハードコアチョコレートで出す事になったきっかけです。

ナカジマノブ:これまで人間椅子のTシャツって、“ど・メタル”と言いましょうか、ロック全開なデザインが多かったんだけど、新しいイメージというか、今までに無いデザインのものも出したいねと皆で話していたんです。それで、ハードコアチョコレートってすごく尖ったデザインばかり出しているし、俺は大ファンの「日野日出志」Tシャツが出ているので特に好きで、お願いする事に。

MUNE:僕今43歳なんで、バンドブーム直撃世代として人間椅子はもちろん知っていましたし、「お、ついに来たか」という感じでした。人間椅子はカラーもしっかりしていてデザインも楽しく出来そうだなと。

―デザインする上で難しかった点ってありますか?

MUNE:デザインに取りかかるまでがちょっと時間かかりましたね。僕、いつもイメージをかためてからバーッと一気にとりかかるんですけど、人間椅子のライブ映像とかをたくさん観て、このデザインで行こう! と固まるまで色々考えて。ライブも観させてもらって、ファンの皆さんが着ているデザインをチェックして「こういうのが人気あるんだな」ってリサーチしたり。

ナカジマノブ:ライブ、名古屋まで来てくださったんですよね、ありがとうございます!

MUNE:ライブ拝見して「本当に音楽好きが集まってやっているライブ」だなと感動したんですよ。ライブに行く前は、僕がメタルとかハードロックに明るく無いというのもあって終始暴れているイメージがあって。でも、テルミンを演奏に取り入れたり、MCが和やかだったりして。やっぱライブ観させてもらって良かったですね。映画のTシャツ作る時は何度も映画観るし、漫画のTシャツ作る時は何度も読むし、ライブ観ないとダメですね。

ナカジマノブ:人間椅子3人でいつもCDジャケットとかグッズとかデザインについて話すんですけど、それぞれこだわりが強いから意見が割れたり、納得いかないメンバーが出て来てボツになったり、というのが結構あるんだけど、このTシャツのデザインについては皆すぐ「いいね!」ってなったので。良いコラボが出来て嬉しいです。ただ一つ不満なのが、オフィシャルのレッドより、コアチョコ限定のパープルの方が、俺の周りでは人気なこと(笑)。

MUNE:(笑)。人間椅子といえば紫かなって、このカラーリングはすぐ決まったんですよ。でもライブだと赤の方が映えるかもしれないですね。

ナカジマノブ:ライブでは赤、普段では紫、みたいに使い分けてくれると。このTシャツコラボが発表になった時、和嶋君の「自分達ではまず選ばない写真が使ってある」というコメントが出たんですけど、本当にそうで、よくこれを選んだな! というのが新鮮で。ローマ字のロゴもね、カッコいいし、楽器の並びが何より最高で。俺達自身がすごく気に入っているからファンの皆さんにもたくさん着て欲しいっス!

IMG_1680

ノブさん着用の日野日出志『地獄の子守唄』Tシャツ。大の日野日出志ファンであるノブさんは、『蔵六の奇病』『毒虫小僧』と3種類をコンプリート!

東京生まれバンド育ち! ノブさん&MUNEさんの青春トーク

ナカジマノブ:さっき少し話に出て来たけど、43歳だとイカ天どんぴしゃなんだね。

MUNE:そうですね。毎週イカ天見て、次の日ホコ天行って……って青春でしたね。

ナカジマノブ:あれ、生まれはどこですか?

MUNE:僕、墨田区の曳舟あたりです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。