ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaはコイン型Bluetoothデバイス「Moto Coin」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola は、500 円玉より若干大きい円盤型の Bluetooth デバイス「Moto Coin」を開発していることが流出した製品ページらしき画像から判明しました。Moto Coin はスマートフォンと Bluetooth v4.0 でペアリングするとキーファインダーやスマートフォンリモコン、緊急ブザーとして機能する製品のようです。画像を見ての通り、本体はかなり小型で、キーホルダーやバッグなどの手荷物に取り付けられます。Motorola は 2014 年に「Keylink」という同様の Bluetooth デバイスを発売しました。Moto Coin はこれの後継製品だと言われています。伝えられているところによると、Moto Coin には GPS が搭載されており、ボタン電池で 1 年は持つとされています。画像に GPS ロガーやアクティビティトラッカーとしての使い方は記載されておらず、しかも、GPS 入りの製品がボタン電池で 1 年も持つとは考えにくいので、おそらく、GPS は搭載していないと考えられます。Source : Tech Droider

■関連記事
アイハーゼ、Androidを採用したデジタルサイネージプレーヤー「SA-101-N」を発売
Nintendo Switchは6.2インチHDディスプレイや4GB RAMを搭載か?
Huawei Mate 9の実機&スペックシート画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP