体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢の日本武道館ライブ達成! 三森すずこが語った「大きな夢を持ちましょう!」の意味とは

img_8108

2016年10月27日(木)日本武道館にて、声優・アーティストの三森すずこ(以下、みもりん)が『Mimori Suzuko Live Tour 2016“Grand Revue”』を開催した。みもりんはこれまで、テレビアニメ『探偵オペラ ミルキーホームズ』シャーロック・シェリンフォード、『ラブライブ!』園田海未をはじめ、多くのアニメ作品に出演し、人気を集めている。2015年には、第66回紅白歌合戦に声優ユニット『μ’s(ミューズ)』のメンバーとして出演するなどの実績を残した。2013年4月に『会いたいよ…会いたいよ!』でソロアーティストデビューを果たした彼女が、自身初の全国ライブツアーを7月から開き、各地で歌声とパフォーマンスを披露。そして、ツアーファイナルを音楽の聖地・日本武道館で2日間行った。みもりんが武道館ライブを通して、ファンに伝えたかった“夢”とはいったいなんだったのだろうか?

img_0120

「三森すずこってどんな人?」という読者も少なくないかもしれない。みもりんは、テレビアニメのキャラクターに声を吹き込んでいる女性声優。もともとは舞台女優として活動しており、ミュージカルをはじめとする舞台役者として活躍していた。現在はアーティスト活動にも精を出しており、舞台の経験を活かした抜群の歌唱力とダンスで、観劇しているかのようなライブを展開している。今回はデビューして初となる全国ライブツアーを5都市6公演行っただけでなく、日本武道館公演も敢行し大成功を収めた。

img_0464

ライブがはじまるや否や、会場に設置されたモニターに物語のプロローグが映し出され、今宵のステージの内容が紹介される。その後、メインステージの中央上空から大きなボックスが下りてきて、中からバンドメンバーとダンサーたちが姿を現した。まるで、おもちゃ箱から飛び出してきたおもちゃのような感覚を覚える。そう、今夜は”おもちゃのパーティー”が開かれるという、ファンタスティックな演出をオーディエンスに見せてくれるのだ。そのまま、ライブがスタートかと思いきや、ステージセットの扉からみもりんが登場し、おもちゃたちと一緒にパーティーへ参加することになる。オープニングナンバーの『TINY TRAIN TOUR』を皮切りに、全24曲のセットリストで日本武道館というパーティー会場を盛り上げた。

img_1720

「みんなー! パーティーを楽しむ準備はオッケーかな!?」

みもりんの問いかけに武道館を激震されるかのようなオーディエンス全員の「みもりん!」コールが響きわたる。開始早々、一気に温度感が高まる観客の歓声。みもりんがステージから放つ歌声とダンサーたちと繰り広げるダンスパフォーマンスに驚いたファンもいたかもしれない。『会いたいよ…会いたいよ!』『FUTURE IS MINE』など、序盤から会場をヒートアップさせる楽曲をさく裂させた。その中でも、特に注目したいのがダンサーとのアンサンブルだ。8人のみもりんダンサーたちと息の合ったダンスとブレることのない歌声。“魅せる”ことを意識したステージングを目の当たりにした瞬間だった。みもりんのライブは、舞台経験を活かしたミュージカル調のステージになっており、毎回違う楽しさを体感させてくれる。ライブとミュージカルが相まって、武道館で踊る彼女の姿から舞踏会を連想するかのような優雅さが醸し出されていた。それはテーマパークのような遊び心いっぱいにあふれており、ライブへ”参加する”よりも、”観劇する”と表現した方が正しい。まさに演者たちが創作するパーティー会場が存在した。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。