体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超わかりやすいポーカーの説明書! これさえ読めば『テキサスホールデム』がわかる!

世界の主流は『テキサスホールデム』

世界的に最もポピュラーなポーカーのルールは『テキサスホールデム』と呼ばれるものだ。誰でも覚えられる簡単なルールだが、知れば知るほど奥が深く戦略性も高い。手に汗握る心理戦や、劣勢からの大逆転など、見ている者を熱くする要素が多いのも人気の秘訣だろう。今回、その『テキサスホールデム』のルールを極力わかりやすくまとめてみた。

手役の強弱

まずはポーカーの基本、手役の種類とその強弱について。ポーカーでは5枚のカードを組み合わせて役を作る。これは日本でおなじみの『ドローポーカー』とも同じなので知っている人も多いだろう。だが、その強弱を間違えて覚えている人も意外と多いので注意しよう。では、弱い順に手役を紹介していこう。

※全ての画像が表示されていない場合は、ガジェット通信のページでご覧いただけます。

『ハイカード』

日本では一般的に『ブタ』と呼ばれている最弱手。何も役ができていない状態。ハイカード同士でも数字の大きさで強弱が決められる。ポーカーにおいて一番大きい数字は『A』になる。そのあとに『K』『Q』『J』『10』と続き、一番小さいのが『2』となる。『ハート』や『スペード』などのマークは役の強弱には無関係。これは他の全ての役にも当てはまることなので覚えておこう。

『ワンペア』

同じ数字のカードが2枚ある状態。

『ツーペア』

同じ数字のカードが2枚ずつある状態。ワンペアが2つ。

『スリーオブアカインド』

同じ数字のカードが3枚ある状態。日本では『スリーカード』と呼ばれるが、これは世界では通用しない。

『ストレート』

数字が順番に並んでいる状態。特例として『A』のみ『10-J-Q-K-A』と『A-2-3-4-5』の2つのパターンで使用できるが、『Q-K-A-2-3』のように上と下を繋げて使用することは不可。

『フラッシュ』

同じマークが5枚ある状態。

『フルハウス』

同じ数字のカード2枚と、同じ数字のカード3枚の組み合わせ。ワンペア+スリーオブアカインド。

『フォーオブアカインド』

同じ数字のカード4枚。こちらも『スリーオブアカインド』同様『フォーカード』では通用しない。

『ストレートフラッシュ』

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy