ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『僕のヒーローアカデミア』11巻が発売! 未読の人でも「もう大丈夫!」な11の基本を解説

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『僕のヒーローアカデミア』11巻が発売になったぞおぉぉ! だが、しかし……! テンション爆上がりの筆者を横目に、なんとガジェット通信には『ヒロアカ』を読んだことがないというスタッフもチラホラ。誠に遺憾である。

そこで、『ヒロアカ』弱者で無個性な記者たちから11の質問を募集。『ヒロアカ』フォロワーの筆者がバシッと答えてやったぞ。この基礎の基礎を知れば、「最近はジャンプ読んでない」「『ヒロアカ』は乗り遅れちゃって……」という人でも、もう大丈夫だ! Plus Ultra!

『僕のヒーローアカデミア』とは!?

質問その1:そもそも、『僕のヒーローアカデミア』ってどんな漫画なの?

HA‐HA‐HA‐HA‐HA! よくぞ聞いてくれたな、少年!

火を噴く、空を飛ぶ、巨大化する――。誰もが超常能力“個性”を持つようになった世界を舞台に、無個性の落ちこぼれ少年・緑谷出久(みどりやいずく/通称:デク)がプロヒーローになることを目指す成長譚だ! 週刊少年ジャンプで連載されているぞ!

質問その2:これまでのヒーロー漫画と何が違うの?

「アカデミア」というくらいだから“学園モノ”でもあるんだ。入学試験、体力テスト、体育祭、職場体験、林間合宿などなど、プロヒーロー志望の少年・少女たちが通う雄英高校ヒーロー科の学園生活を描きながら、時に平和を脅かすヴィラン(敵)とのバトルが展開されるぞ!

質問その3:結局、いつもの「友情・努力・勝利」なんでしょ?

黙れ、クソナード! ……おっと、失礼(私の中の爆豪少年が……)。この……ッ!!! そういうの、嫌いじゃないよ!!?

「友情・努力・勝利」大いに結構じゃないか! だけど、それだけじゃない。「ヒーローの存在意義とは?」「ヒーローの活躍がヴィランを生むのか?」という悩みや、「人を救う意志」「若い世代への継承」といった大きなテーマも描かれている。ただ強いだけじゃなく、マーベルやDCコミックスを原作とした近年のアメコミ・ヒーロー映画にも精通する、“人間味あふれる”キャラクターたちがとにかく魅力的なんだ。

各キャラのオリジン(ヒーローになることを決意した瞬間)が描かれる回なんかは、先生もうハンカチがビッチャビチャだよ……! ジャンプらしく、ギャグ要素も満載だけどね!

質問その4:さっきからその口調は何なの?

あ、スミマセン、先輩。敬愛するヒーロー、“オールマイト”へのオマージュです。要チェックです。はい。

11巻はオールマイトに注目!

質問その5:オールマイトって、どんなキャラなの?

オーケー、リスナー。ナイスなお便りサンキューな! オールマイトについてサクッとプレゼンするぜ!! アーユーレディ!?

オールマイトはデクの憧れであり師、そしてヒーローの中でも人気・実力共に圧倒的No.1を誇る“平和の象徴”だ。ヒーロー家業の傍らデクが通う雄英高校の講師を務め、後輩ヒーローの育成にも勤しんでいる。その迫力が凄すぎて何故か一人だけ画風が違うけど、一部では「ヒロイン」とも称されるほどお茶目なキャラだぞ!

質問その6:オールマイトがいちばん強いんでしょ? 主人公の出る幕ないじゃん。

世間からは名実ともに最強を誇る完全無欠なヒーローだと思われているが、実はかつて負った傷によりヒーローとしては限られた時間しか活動できない。ヒーロー活動時のマッスルフォームと呼ばれるマッチョなボディは仮の姿で、吐血を繰り返す虚弱体質こそが本来の姿(トゥルーフォーム)なんだ。デクとはその秘密を共有し、ただならぬ関係になっていくのだけど、それは読んでからのお楽しみだぜ!

質問その7:11巻はオールマイトに注目って聞いたんだけど。

YEAHH!!!! 愛する生徒がヴィランによって誘拐され、オールマイトが救出に向かった10巻。11巻ではヴィラン連合との決戦が描かれつつ、「オールマイトが犯した“5年前の過ち”とは?」「オールマイトの命を奪おうとするヴィランの狙いとは?」「オールマイトが“平和の象徴”になったワケとは?」といったバックストーリーが一気に明らかになるぞ。

オールマイトといえど、かつての力を失った今は無傷ではいられる保証はない。存在そのものが犯罪の抑止力になってきたオールマイトがもし引退するとなると、この国の平和はどうなっちゃうんだろうな! こいつあシヴィーー!!!

質問その8:他にもキャラクターがいっぱい出てくるんでしょ? 覚えるの苦手なんだよね。

デクの同級生、講師、プロヒーロー、ヴィラン、モブ……、確かにめっちゃ出てくるぜ! しかもそれぞれの個性を覚えるなんて難易度MAXだよな……!

でも、各コミックスにはキャラクターの個性や裏話が明かされたページが挿入されているから、初めてのリスナーでも安心してくれ。その中からきっとお気に入りのキャラクターが見つかるハズさ! おらエヴィバディヘンズアップ盛り上がれーー!!!!

質問その9:さっきからその口調は何なの?

あ、スミマセン、先輩。敬愛するボイスヒーロー、“プレゼント・マイク”先生へのオマージュです。これは覚えなくてもイイです。はい。

伝説はこれから始まる!

質問その10:今後の展開はどうなるの?

現在ジャンプで連載中のストーリーでは、プロヒーローの登竜門である仮免試験の真っ最中。他校の生徒など新キャラも続々と登場し、『HUNTER×HUNTER』のハンター試験や『NARUTO -ナルト-』の中忍試験に通じるワクワクの能力バトルが展開されています。時期で言えばまだ高校1年生の2学期。今後も大きな可能性が広がっているのは間違いありません!

質問その11:ズバリ、ジャンプの看板を背負っていけるの?

連載開始わずか1年超でコミックス累計発行部数は700万部超え。今年4月からはアニメシリーズが放映され、第2期の制作も決定しています。

さらに! アニメ化を企画する東宝は、社内に専門プロジェクト組織「『僕のヒーローアカデミア』カンファレンス」を立ち上げ、部門・グループをまたいで本作を大きく育てていくことを宣言しています。異例ともいえるこのチカラの入れようから、どれほど強く期待されているかが伝わってきますよね! これはもう、現在進行形でジャンプの巨大な看板を背負っている作品といえるでしょう

まだ読んだことがないとしても、連載中の人気漫画で50巻以上も続いている作品があることを考えれば、11巻なんて今からでも余裕で追いつけます。むしろ、まっさらな状態で今からあのワクワクが体験できるとは、最高に羨ましいぜ!

『僕のヒーローアカデミア』×『ガジェット通信』特集ページへGO!
http://getnews.jp/myheroacademia

(C)『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平/集英社

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP