体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】動きの激しい物体にもバッチリ追従する次世代プロジェクター Perfumeのステージが捗るな!

dynaflash1

曲面や凸凹面にも歪みのない映像を投影できるプロジェクションマッピングはここ数年、イベントやステージの演出に欠かせない技術になってきた。さらに進んだ次世代のプロジェクションマッピングは、投影対象が激しく動き回る物体であっても、バッチリ追従して投影してくれるものになりそうだ。

東京大学の石川渡辺研究室は、1/1000秒単位で投影対象の形を検出し、その形に合わせて映像を投影することのできるリアルタイム動的プロジェクションマッピング技術を発表した。対象の形の検出から映像投影までの遅延はわずか3/1000秒。対象物がどんなに激しく動き回っていても、人間の目にはまるで映像が貼りついているかのように見えるというわけだ。

動画:Dynamic projection mapping onto deforming non-rigid surface
https://www.youtube.com/watch?v=-bh1MHuA5jU[リンク]

dynaflash2 dynaflash3

ターゲット上にはあらかじめ目には見えないIR透過インキでマーカーを描いておく。マーカーの歪みを1/1000秒単位で検出し、その形に合った映像を投影する。ペラペラの紙とかシワシワのシャツに、プリントされているかのように自然な見え方の映像を投影することができる。

dyanflash4

複数ターゲットの追従も可能。Perfumeのステージのために開発されたようなものではないか!

画像とソース:『YouTube』より引用

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会