体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【餃子バカ必見】一度食べたら忘れられない! 最強にウマい餃子の店【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20160819162523j:plain

どもども。餃子は必ず一度に五人前は食べるメシ通編集部です。

なぜかって? 決まってるじゃないですか、止まらないからですよ!

皮をパリッとかむと、中からジュワッと肉汁があふれ、さらにかみしめると肉と野菜が渾然一体となったあんが口いっぱいに広がります。パリッ、ジュワッ、もぐもぐの繰り返しは、何度やってもやめられません。

そんな僕みたいな餃子バカのみなさまに、とっておきの餃子記事をお送りします!

まずは、福岡の家族愛あふれる餃子屋さんから。

バラエティ餃子のフルコース!?【さんあい亭】

今年で創業21年目になるお店「さんあい亭」の餃子は、大きく分けると「焼き」「茹で」「スープ」の3種類。さらに味のバリエーションが豊富で、全部で17種類もの餃子が食べられるのです。

f:id:Meshi2_IB:20160819164301j:plain

▲焼餃子(一人前8個)(421円)

このお店の焼餃子2トップは「ぷんぷん餃子」「さわやか餃子」。別に怒りん坊青春小僧がいる訳ではない。「ぷんぷん餃子」は生ニンニク入り、「さわやか餃子」は茹でて匂いを消したニンニクを、量も控え目にして使っているそう。要はニンニクの匂いをはばかる営業マンや女性にも気を使ってるということだ。実際、平日は「さわやか餃子」、週末は「ぷんぷん餃子」がよく出るという。

f:id:Meshi2_IB:20160819165204j:plain

料理の経験がないところから餃子屋さんを始めた店主の八嶋さん。最初は納得のいくものが出来ず試行錯誤を繰り返していました。そんな八嶋さんを支え続け、文句も言わずに試食し続けてくれた奥様。そんな奥様と娘さんがいたからこその、今のこの味なのです。まさに、家族愛が作った美味しい餃子!

シンボルマークの「ギョウザのあいちゃん」は娘の愛さんが小さい頃に描いたものです。

f:id:Meshi2_IB:20160819165941j:plain

▲茹で餃子・梅肉あえ(一人前8個)(496円)、茹で餃子・ゴマ醤油(一人前8個)(453円)

茹で餃子のバリエーションは、「酢醤油」「しょうが醤油」「からし醤油」「ゴマ醤油」「ぴり辛醤油」「唐辛子みそ醤油」「かぼす酢」「梅しそ」「梅肉あえ」と9種類ものバリエーションがあります。

f:id:Meshi2_IB:20160819170559j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。