ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】TVで話題のカギを無くさないお財布「Full to Keydell(フルトキーデル)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家を出る前に「アレ?どこだ・・?」と、カギを探したことはありませんか?
また家に帰った際、カバンの中からカギをゴソゴソ探し、なかなか見つからないということもありますよね。

お財布に、カギに、スマホ。現代人は必要最低限の小物が多いですよね。しかもひとつ忘れると、いろいろめんどくさいことに。

そこで「荷物をひとつでも減らしたい!」との思いで作られた財布が『FulltoKeydell フルトキーデル』です。「お願いランキング」や「ワールドビジネスサテライト」でも取り上げられる、注目の商品なんですよ。

今回、Beahouseさんからフルトキーデルを提供受けたので、実際に使ってみた感想をお伝えします。

・お財布とカギが一緒だから、フルトキーデル

フルトキーデルの最大の特徴は、カギの収納方法。折りたたみ財布を留めるバンドにカギをくくりつけてあり、一見すると財布にカギが入っているなんてわかりません。

でも、バンドを外して財布をサッと振ると、カギが出るんです。なにこのスマートさ。

財布にカギ収納ポケットを入れるアイディアは誰でも思いつくと思いますが、使いやすさと機能を融合したモノはなかなか無いんじゃないか?と思います。カギを無くすこともないですし、すぐ使える。荷物がひとつ減ることもあり、かなり快適です。

車のカギはキーレスならアリ。通常のカギを挿すタイプのものはオススメしません。カギを車に挿している間、財布が開いているのでコインが落ちることがあります。そこは注意ですね。

・薄くても収納力抜群

フルトキーデルは牛の一枚革を使っていて、とても薄いです。なにも入れていないときは10mmで、カギやカード(5〜7枚入る)を入れた実際の使用時は15mm〜20mmほどです。

うすい財布にありがちな「小銭入れが小さい問題」ですが、このタイプにしては珍しく深さがあるので、そこまで不便はないですよ。

この薄さならズボンのポケットに入れても違和感がありません。フルトキーデルとスマホだけを持ってお出かけできる気軽さがイイですよ。

・カード・お札・小銭すべてにアクセスしやすい

「カギが入る薄い財布だということはわかった。でも、実際に使い勝手はどうなの?」と気になりますよね。フルトキーデルは、お札・カード・小銭に同時にアクセスできます。

普通の財布はアクセスしたいモノによって財布の向きを変えたり、チャックを開けたりという動作が必要ですが、フルトキーデルは「お札を出して、小銭を出して、ポイントカードも出さなきゃ」という一連の動作を、向きを変えることなくスムースにできます。
これは便利。

・シンプリストにオススメ

できるだけ持ち運ぶものを少なくしたい、荷物を減らしたい人にオススメのお財布です。

カギとお財布がひとつのポケットに入っちゃう快適さは、一度試してみる価値ありですよ。

詳細はコチラ→ThinkAism フルトキーデル 大切なモノを快適に使うためのミニマムな財布

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP