体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BiSH“BiSHの伝説はBiSHが創る”運命も批判も弱さも跳ね飛ばした革命の一夜……新時代のポップアイコンへ

BiSH“BiSHの伝説はBiSHが創る”運命も批判も弱さも跳ね飛ばした革命の一夜……新時代のポップアイコンへ

 今年エイベックスからメジャーデビューを飾り、楽器を持たないパンクバンドとして日本中で人気沸騰中のBiSH。様々なジャンルの若者から愛され、ひとつのポップアイコン/ロックアイコンになりつつある彼女たちが、10月8日 日比谷野外大音楽堂にて【BiSH Less Than SEX TOUR FiNAL“帝王切開”】を開催した。

BiSH キュートな野音ライブ写真一覧

<「BiSをもう一度始める」BiSHが背負った運命……自分達の物語を歩む為に>

 結成から約3年半にわたり音楽シーンの常識を覆し続け、近年最もセンセーショナルな異端児アイドルグループとして活躍してきたBiS。横浜アリーナでの解散ライブに至るまでのストーリーは今や伝説として語り継がれているが、そんなBiSのマネージャー・渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」と始動させたグループがBiSHだ。当初はBiSのストーリーやスピリッツを踏襲するようなアプローチも目立っており、昨年の【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】(以下TIF)では出演キャンセルという事態に陥りながらも(http://bit.ly/1ImWRA9)その直後に【TBS】なるTIFのリストバンドがあれば無料鑑賞できるフリーライブを敢行。ただでは転ばないパンクス精神を見せつけ、大きな注目を集めた。

 しかし「BiSをもう一度始める」というコンセプトは、BiSHメンバーにとって十字架となっていたのは確かで、BiSを上回るセンセーションやおもしろを期待する者からは「物足りない」と言われ、チッチがダイエット企画に失敗してキャプテンを剥奪された際は「覚悟の違い」を指摘され、彼女たちのアイデンティティであるクソ真面目さすら「無価値」と評されることもあった。そんな中でエイベックスからのメジャーデビュー、ライブのセットや演出、ミュージックビデオのクオリティもメジャークラスの内容になり、今回の野音ワンマン直前には都内を宣伝用のBiSHトラックが走り回ったり、ゴールデンタイムにメジャー1stアルバムのTVCMが流れたりと、彼女たちを取り巻く環境は大きく変わっていく。

 メンバーもその速度に必死に追いつこうとパフォーマンスレベルを強化、楽器を持たないパンクバンドというキャッチコピーに相応しい小生意気さも覚醒させながら、自身のワンマンやツアーはもちろん、どんなイベントやフェスに出て行っても、様々なアーティストのファンが一体となって肩を組んでヘドバンしたり、全力でシンガロングしたりする光景を創造できるようになっていく。そして計ったかのようなタイミングで、BiSH史上過去最大規模となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ。メジャーデビューから僅か5か月でこれを実現してしまったことは驚きだったが、果たしてBiSHはこの地に相応しいライブが出来るのか? そして前述した様々なしがらみや壁をぶっ飛ばす事が出来るのか? 自分達の物語を歩む為に6人はどんなライブを見せてくれるのだろうか?

<6人の気迫「ダンスも歌もヘタクソだけど、ウチらは負けへんで!」>

 そんな期待と不安が入り混じった状態で会場入りすると、まずステージのインパクトに度肝を抜かれる。ど真ん中にBiSHのロゴがあしらわれた超巨大なバルーン。両サイドに「SEX」「帝王切開」とそれぞれ記されたこれまた巨大なバナー。そして、おそらく完全に見た目的な格好良さ、それも子供視点な格好良さを追求して設置したと思われるスクリーン3つ! かの長渕剛@富士山オールナイトライブまでは行かないまでも、エクストリームなSF作品然とした光景が眼前に広がっており、思わず笑ってしまう。そこへ前説役として登場する渡辺淳之介。自分の両親も観に来ていたそうで若干緊張しているようにも見えたが、彼にとっても大一番の野音公演について「僕のアーティストの中で野音でワンマンやるの、初めてなんですよ。やりたくてやりたくていつもやりたいと思ってたんだけど出来なくて、今日、この満員のお客さんの前でBiSHがここに立てるのは、本当に嬉しいッス。今日、みんながここに居たということを自慢できるステージに……BiSHがします!」と、メンバーとバトンタッチ。

 SEの「2001年宇宙の旅」がドラマティックに響き渡り、ステージ上の巨大バルーンが破裂すると、そこにBiSHメンバー6人が登場! 大歓声に包まれ、壮観な野音の光景を感慨深げに見つめながら、もはや何を叫んでるのか分からない奇声を上げながら「BiSH-星が瞬く夜に-」を披露。3つのスクリーンにデカデカとガムシャラに歌い踊る6人の姿が映し出され、その両サイドで「SEX」「帝王切開」が怪しくカラフルに光り、満員のオーディエンスは共に歌い踊り肩を抱き合って頭を揺らす。何もかもが強烈な光景。そして何より強烈だったのがステージ上の6人。アイナは同公演前のインタビュー(http://bit.ly/2dxL9sl)で「私たちは気迫で勝負できる。ダンスも歌もめっちゃヘタクソだけど、ウチらは負けへんで!」と語っていたが、その言葉通りにとんでもない気迫でパフォーマンスする6人の姿は、セットのインパクトにも観客の熱量にも一切劣っておらず、その様だけで冒頭から涙すら誘ってみせる。もう誰にも「物足りない」などと言わせない。そんな想いが痛いほど伝わるアクトで、6人はあらゆるノイズを自らの力で吹き飛ばしてみせた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy