ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、256QAMを利用した下り最大350MbpsのLTEサービスを11月より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 10 月 12 日、同社の LTE サービスにおいて今年 11 月より「256QAM」の変調方式を導入し、キャリアアグリゲーション時で下り速度をこれまでの最大 262.5Mbps から 350Mbps に引き上げると発表しました。QAM は情報を電気信号に変換する変調方式のことで、これまでは 6bit の「64QAM」を採用していましたが、8bit の「256QAM」を導入することでキャリアアグリゲーションを利用した場合に下り速度が最大 350Mbps に向上します。今回の速度引き上げは、まず東名阪エリアの一部で実施される予定で、他エリアへの展開予定は公開されていません。対応機種は 11 月に発売される Xperia XZ と夏モデルの AQUOS Xx3(ソフトウェアアップデートで対応)の 2 機種です。具体的には開始日は公表されていませんが、Xperia XZ の発売と同時と見られます。ソフトバンクはまた、「SoftBank 4G」として提供している AXGP サービスに 4×4 MIMO 方式を導入し、下り最大 175Mbps のエリアの通信速度を下り最大 234Mbps に引き上げることも発表しました。Source : ソフトバンク

■関連記事
「Googleカメラ 4.2」にAF/AEロック、上下スライドでのEV調節、4×4 / 黄金比グリッドが追加
ソフトバンク、10.1インチタブレット「MediaPad T2 Pro」を発表
Sony Mobile、Xperia用動画作成アプリ「Movie Creator」を4.3.B.0.2にアップデート、PNG画像をサポートなど

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP