体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】いま一番勢いのある蕎麦屋で『田舎蕎麦』を食べてみた @『匠』

takumi022_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原周辺は、カレーやラーメン、肉などコッテリ系なメニューが目白押しな地域と思われがちですが、ちょっと歩けば美味しい蕎麦が食べられる素晴らしい土地でもあります。

というわけで、今更ですが蕎麦の美味しさに目覚めた筆者(YELLOW)も、それとなく蕎麦を食べ歩いてみました。

takumi000_r

秋葉原も大きく変わりつつありますが、まだまだ神田川を渡れば古い建物が残っていて味わい深いですね。

蕎麦通の中でも人気の高い『匠』

takumi001_r

秋葉原で蕎麦と言えば『神田まつや』か『かんだやぶそば』が有名ですが、他にも『春日』などの名店がズラリと揃っています。

そんな蕎麦激戦区である秋葉原周辺で、ここ数年人気が高まっているのが、コチラの『匠』で御座います。

猿楽町の『松翁』で修行した店主の作る蕎麦は必食らしいので、今更ですが筆者も勉強の為に訪れてみました。

『田舎蕎麦』を食す!

takumi016_r

整いました。

江戸前と言うか土地柄的には“更科蕎麦”(白い奴)かなとも思うのですが、筆者はより香りの強い蕎麦が好きなので『田舎蕎麦』(920円)にしてみました。

takumi019_r

結果、こんな感じの美味しそうな『田舎蕎麦』で御座います。

takumi017_r

『匠』の『田舎蕎麦』は自家製粉の十割蕎麦でして、その他の材料(出汁、わさび等)も吟味されています。

takumi018_r

なので普通の人から見たらお高いと感じる920円も、蕎麦通から見れば適正価格、むしろチョイ安いくらいではないでしょうか?

素人でも違いの分かる『匠』の蕎麦!

takumi023_r

言う程、蕎麦を食べていない筆者ですが、この『匠』の蕎麦がそこら辺の蕎麦と違うのは分かります。

takumi020_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。