ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

懐かしい! 22年ぶりのアニメ化で人気復活「うちのタマ知りませんか?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3丁目に住むタマと猫、犬の仲間たちの愉快なストーリー「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」。子どもの頃にアニメを見た、キャラクターグッズを持っていた、特にアラフォー世代に多いはず。そのタマたちの人気が今、復活の兆しを見せている。
「タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~」は、1983年にオリジナル雑貨としてグッズ販売がスタート。当時の女子高生たちのファンシーグッズブームの中で「飼い主を探すポスター」のストーリー性もあって一躍ヒットした。その後、人気は大学生や社会人にも広がり、1993年には劇場アニメ、1994年には全国放送もされた。誕生から今年で33年となる。
そして、2016年10月から、なんと22年ぶりとなる新作アニメがスタートする。
大阪・梅田にあるネコグッズの専門店「neko mart」では、新作アニメに合わせ、タマたちのグッズが勢ぞろい。しかも、“同い年、同じ星座、同じ放送枠”という奇跡ともいえるコラボレーションのイベントが開かれる。
タマたちと“同い年、同じ星座、同じ放送枠”なのは「猫のダヤン」で、こちらも誕生から33年を迎える長年愛され続けてきた猫のキャラクター。絵画や画集などは100作品を超え、全国に点在する「わちふぃーるどショップ」もネコ好きに人気が高い。
Neko martでは、10月1日から「タマ&フレンズ×猫のダヤン コラボショップ」が開催される。特に、10月1日、2日にはタマとダヤンも遊びに来る写真撮影会を実施。その他、店内に隠れたタマとダヤンを探すと非売品グッズがもらえたり、今だけのとてもかわいいコラボグッズも販売されたりと内容盛りだくさんだ。※なくなり次第終了
テレビアニメの公開で、世代を超えた人気が再燃しそうな予感。タマとダヤン、そして猫グッズのファンにおすすめのイベントといえそうだ。




情報提供:キデイランド
コラボショップ詳細http://www.kiddyland.co.jp/event/2016tama_dayan/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
大宰府のスタバ 日本で1、2を争う人気店舗は隈研吾氏デザイン
青森・弘前のスタバがステキ! 元陸軍官舎で大正ロマンの香りただよう
イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP