ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAKURO(GLAY)、松本孝弘(B’z)プロデュースで初のソロ・プロジェクト始動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GLAYのリーダーであり、ギタリスト/メイン・コンポーザーを務めるTAKUROが、満を持して初のソロ・プロジェクトを始動させる。

なんとB’zの松本孝弘をプロデューサーに迎え入れ、ロサンゼルス在住のトップ・ミュージシャンとレコーディングを敢行! そんな意欲作となるTAKUROのソロ1stインスト・アルバム『Journey without a map』が、12月14日にリリースされる。

録音方法に関しては、TAKURO所有の3台のギブソンレスポールのビンテージ・ギターを使用した深みのあるサウンドになっていて、ジャズ、ブルースを基調とした音作りで、1音1音こだわり抜いて制作された。GLAYとは一線を画す、ギタリスト・TAKUROとしての魅力が詰まっており、『Journey without a map』のタイトルどおり、TAKUROによる“地図なき音の旅”が楽しめる。

パッケージはCDに加え、アナログ盤もリリース。CD+DVD盤のDVDには、アルバム『Journey without a map』に至るまでのTAKUROのギタリストとしての軌跡を描いたドキュメンタリーが収録される。

また、来年2月からは東京ステラボールを皮切りに、ファイナルZepp Tokyoまで、全国9ヵ所15公演を回るツアーの開催も決定している。(田山雄士)

【TAKURO(GLAY) コメント】
ギターに詩を読ませるが如く、ギターで弾くメロディーの中に様々な情景や感情が浮かぶような作品にしたいと思っていました。
シンプルなラインにじっくりギターで表情をつける事を念頭においてレコーディングを進めていました。
GLAYとはずいぶん違う音楽に聴こえますが、これもまた僕自身素直に浮かんだ音楽なのでギターアルバムは続けて作りたいと思っています。

Journey without a mapはギターを弾くのが大好きな男が気ままに小さなバーで毎週末弾いている、、、、そんな自分を想像しながら作ったアルバムです。
一息つきたい時にお酒でも飲みながら聴いていただけると嬉しいです。

TAKURO

【B’z 松本孝弘 コメント】
長年に渡る友情をこの様に音楽として共に形に出来た事をとても嬉しく思います。
GLAYのイメージとは違う彼本来の穏やかな人柄から生まれたメロディ、ギタリストとして今尚進化しようと努める彼の姿勢がこの作品には網羅されています。
音楽を愛し、ギターを愛する者同士が、互いにリスペクトし合い創り上げたこの作品から、きっと感じて頂ける何かがあると信じています。

Tak Matsumoto 

『Journey without a map』
2016年12月14日発売
・【CD+DVD盤】PCCN-00025 ¥3,500+税
・【CD only盤】PCCN-00026 ¥2,500+税
・【アナログ盤(初回生産限定、重量盤2枚組)】PCJN-00001 ¥4,000+税
<収録曲>
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear & Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
<DVD>
Journey without a mapドキュメンタリー

〈Journey without a map 2017〉
2月02日(木) 東京 ステラボール
2月03日(金) 東京 ステラボール
2月06日(月) 愛知 Zepp Nagoya
2月07日(火) 大阪 Zepp Namba
2月09日(木) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2月10日(金) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2月13日(月) 福岡 イズムホール
2月14日(火) 福岡 イズムホール
2月18日(土) 北海道 函館 金森ホール
2月19日(日) 北海道 函館 金森ホール
2月21日(火) 北海道 Zepp Sapporo
2月23日(木) 宮城 チームスマイル・仙台PIT
2月24日(金) 宮城 チームスマイル・仙台PIT
2月27日(月) 東京 Zepp Tokyo
2月28日(火) 東京 Zepp Tokyo

・GLAY オフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP