体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】とんかつ冨貴が堕ちた今、牡蛎フライ難民は何処へ行く? @『キッチン竹乃子』

take-750tei022_r

そろそろガジェット通信編集部のある秋葉原も秋の訪れを感じる昨今ですが、とりあえず雨多いっすね。とは言え、夏に比べれば涼しいので筆者(YELLOW)の調査活動も楽になって来ました。

そんな感じなので久しぶりに足を伸ばして昭和通りを渡って『キッチン竹乃子』に行って来ました。

知る人ぞ知る『キッチン竹乃子』

take-750tei002_r

むしろ『キッチン竹乃子』の存在を知らない人は、まだまだ秋葉原のグルメが分かってらっしゃらないと言わざるを得ません。

逆にこの『キッチン竹乃子』でランチを嗜む紳士淑女は、秋葉原の食事情に精通している可能性……あると思います。

この凄い入りにくい感が漂う外装からして、なかなか初心者さんには難しいミッションかも知れませんが、是非とも勇気を出して入って欲しいです。

なお、自動ドアが開かないので「準備中かな?」と思うかもですが、安心して下さい。

「ちゃんと入れます!」

普通に故障しているだけなので、自らの手で未来への扉を開いて下さい。

『750円ランチ』を所望する!

take-750tei004_r

『キッチン竹乃子』は数種類のメニューを組み合わせるスタイルの和風な洋食屋さんです。

まず和風な洋食屋さんって表現がビミョーですが、料理的には洋食メインで御飯もプレート(お皿)で出て来るのですが、食べるのは“割り箸”という良いとこ取りな店なので、表現的には正解だと思います。

take-750tei003_r

そして!

この『キッチン竹乃子』は“しょうが焼き”が激ウマなのですが、それだと前回のレポと被ってしまうので、今回はあえて『750円ランチ』(3品選んで750円)にしてみましょう。

『750円ランチ』を食す!

take-750tei023_r

整いました。

今回はあえて主役と言うかテーマを決めず、ただただ筆者の好きな料理を組み合わせてみました。750円でこのボリューム感……素晴らしいと思いませんか?

ちなみに筆者はハンバーグ、ヒレカツ、海老フライの高カロリー3兄弟を召喚してみました。

柔らかいヒレカツが旨いぞ!

take-750tei027_r

ヒレカツは柔らかくて美味しいですね。豚のヒレ肉を丁寧に叩いて伸ばしているので、豚カツとは思えない柔らかさです。

そして!

何よりも衣が香ばしい点を見逃してはなりません!!

カラッと上がった衣は油もちゃんと切れていて、フライ料理の油っぽさを感じさせません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。