体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、『Google Checkout』を新しい決済サービス『Google Wallet』に統合

デジタル・IT

Googleがオンライン決済サービスの『Google Checkout』を、先月より開始した新しい決済サービス『Google Wallet』に統合したと発表しました。現在Googleはオンラインの決済に対応した『Google Checkout』と、オンラインに加えて『おサイフケータイ』のように実店舗での決済にも対応した(NFC端末のみ)『Google Wallet』の2つのサービスを提供しています。どちらもオンラインでの決済機能を提供してることから、1つのアカウントでオンライン・実店舗どちらの決済にも対応した『Google Wallet』に『Google Checkout』を統合することでサービスの一本化を図ったようです。

今回の統合によって『Google Checkout』アカウントの情報が『Google Wallet』に移行されます。『Google Checkout』アカウントがそのまま『Google Wallet』アカウントになるそうで、次回『Google Wallet』または『Google Checkout』で商品を購入する際に、新しい利用規約への同意を求めるメッセージが表示されるので、同意すれば自動的に移行されるそうです。『Google Checkout』アカウントをお持ちの方全員が今回の統合による影響を受けますが、WalletのFAQによると、今までと変わるのはサービスの名前と管理サイトのURLのみ。カード番号や配送先住所といった個人情報、購入履歴など『Google Checkout』アカウントの情報は全て『Google Wallet』に自動的に引き継がれるので、ユーザでカード番号や住所を再登録したりといった移行作業は不要とのこと。新しい管理サイトのURLはhttp://wallet.google.com/manage

今後『Androidマーケット』、『YouTube』の動画レンタル(海外)、『Google+』のゲーム、オンラインショッピングなどで買い物する際は『Google Wallet』で決済することになります。販売者向けには『Google Checkout』から『Google Wallet』に移行するための期間が設けられているため、数か月間は『Google Checkout』のロゴを表示するショップ、『Google Wallet』のロゴを表示するショップを両方のロゴを目にすることがありますが、『Google Wallet』は『Google Checkout』ロゴのショップでも支払い可能なので、どちらのロゴでも『Google Wallet』のみで決済することができます。
Source:  Google

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会